FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

路地裏の立ち食い中華カレー。「麻咖哩 マガリ」(吉祥寺)

最近、吉祥寺に新しいカレー店が続々と現れています。
特に駅北側。

ハモニカ横丁の極小カレー店「ピワン」が全国区の知名度を獲得し、それに続くムーブメント感もあるのでしょう。
夜のみ営業で、昼間空いているハコが多いのも要因と思われます。

そんなハモニカ横丁、「ピワン」の路地の先。
「おかしのまちおか」へと抜ける狭い路地にある、小さな立ち飲みワインの店「バッカス」。

その土日ランチタイムにだけ出現するカレー店があります。


「麻咖哩」(マガリ)

2019年3月9日オープン。
その名の通り、当初は間借りカレー店としてスタート。
その後はレシピを貸主の「バッカス」さんに譲渡し、現在は「バッカス」自体がランチ二毛作カレーとして運営されています。

このお店の特徴は中華とスパイスカレーの融合。
元のレシピ開発主である通称マガリさんがかつてシンガポールに住んでいたそうで、そこで食べていた中華やカレーがヒントになっているのだとか。
なるほど「麻咖哩」という店名にはそっちの意味もあったのか。

レシピは複数種のローテーションで、花椒のビンダルーなんてのもあるみたい。

この日のカレーはこんな感じでした。

★鶏肉飯(チーローファン)とヒヨコ豆とムングダールのカレー ¥1000

おぉ、インドと台湾の組み合わせですね。


まず、鶏肉飯のソースがえらく旨い。
生姜に五香粉でしょうか。
こちらだけでもパクパクいけちゃう感じ。

対するカレーは豆のほかフレッシュ野菜がたっぷり。
温野菜サラダ感覚で楽しめます。


見てください、昼間っから陽の当たらない路地裏でかっ喰らうカレーの背徳感・・・

と、背徳ついでにワインも行きましょう。

ワインは全て500円。
好きな銘柄を選べます。


★ プロトコロ テンプラニーリョ ¥500

プロトコルのテンプレートではありません。
華やかな香りのスペインワイン。

路地裏でワイングラス片手にカレー立ち喰いしていると、通り過ぎる人々がみな驚いていきます。

気分は立喰師列伝。

みんな、カレー食ってきゃいいのに。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

マガリ



関連ランキング:カレー(その他) | 吉祥寺駅井の頭公園駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/4417-f5068848
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)