FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

あの老舗が待望の復活!スパイス呑みが楽しめる新しいインド料理店へとアップデート。「新宿ボンベイ」(代々木/南新宿)

2018年4月に閉店した新宿西口の老舗インド料理店「ボンベイ」。

創業1974年、一時は都内に支店を展開するほどの勢いを見せ、最後まで残っていた新宿西口店ではかつて、
「カッチャルバッチャル」の田村さんや「ディルセ」の畑中さんも在籍。
東京インド料理史の中でも重要な位置を占める名店が、ファンたちの声に後押しされついに復活!


「タンドールとインドカリー 新宿ボンベイ」

グランドオープンは2019年6月28日。
場所は少し南に下った代々木側。
外装や椅子など、以前のお店の調度品も活かしたお店となっています。

入口すぐの場所には、「ボンベイ」のアイコンだったタンドリー窯。



以前のようなオープンな作りとは異なり、しっぽり呑めるような雰囲気に。

そう、新しい「ボンベイ」は今の時代に合わせた「呑めるインド料理店」にチューニングされていたんです。


★東京ホワイト ¥650

スパイス料理に合う自然派ワインだけでなく、クラフトビールも用意。
ちょこちょこつまめるインディアンタパスもバリエーション豊かでワクワクします。

★ココナッツガーリックシュリンプ ¥550


★ちぎり揚げポテト ¥350


★カシミールししゃも ¥500


★アチャール3種盛り ¥650


★タンドールゴビ ¥850

見てください、復活した老舗の進化ぶり。
2019年のトレンドでもあるスパイス呑みが存分に楽しめる圧巻のラインナップです。


一方、老舗ならではのリッチなインド料理ディナーも盤石の態勢。


★サグパニール ¥1100

存在感あるパニール、野菜の味がしっかり感じられるサグは流石老舗の味。
これに合わせるのはやはりこちらでしょう。


★チーズクルチャ ¥500

チーズ&チーズでたまらない多幸感。
これ、ホントはワインにあわせたらもっと最高だったろうな。


★ボンベイ・ラムカリー ¥1100
★ターメリックライスM ¥300


こちらのカレーはなんとシャンカール・ノグチ氏のレシピ。
カルダモンがしっかり効いて刺激的な味わい。
このあたりのアップデートも忘れていないあたりが興味深いですね。


★ラムジンジャー(ククリラム) ¥600

こちらたっぷりサイズでかなりお得、おススメ!


★チキン65 ¥550

お店ごといろいろなタイプがある謎メニュー・チキン65ですが、こちらはかなり大ぶりの鶏肉を使用。
トマトの味強め、インディアンチャイニーズ色強めですね。


★マンゴークルフィ ¥450

〆にはしっかりデザートも。
甘さ控えめ、ナッツ多めで大人の味わい。


★ホットマサラチャイ ¥450

実に素晴らしい、めくるめくディナーでした。

伝統を受け継ぎつつ、スパイス呑みの新たな可能性を拡げるアップデートに成功した「新宿ボンベイ」。
これはもうすぐに、かつての勢いを取り戻しそうですね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

新宿ボンベイ



関連ランキング:インドカレー | 代々木駅南新宿駅新宿駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/4403-438284be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)