FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

中目黒に吹くニョニャの新しい風。「BISTRO NYONYA」(中目黒)

ある春の夜、中目黒の外れを歩いていたらいきなり目に飛び込んできた看板。


「BISTRO NYONYA」

一瞬目を疑いました。
「ニョニャって、あのニョニャ???」

かつてマレーシアで、マレー人と華僑とが結婚し、互いの文化がミックスされて花開いたプラナカン文化。
その魅惑的なミクスチャー料理こそが「ニョニャ料理」です。

しかし日本ではまだまだ知られていないニョニャ料理、謳っているお店は神奈川県大和市の「マカンマカン」くらいだと思っていたのですが・・・・なぜこの場所に突然!??

実はここ、「新加坡肉骨茶(シンガポールバクテー)」が新業態に挑んだ3号店。
ニョニャ料理の本質である、異文化ミクスチャーをテーマにした独創的な料理がビストロ形式で楽しめるお店だったのです。


一階は厨房を見渡せるカウンター席。
頭上にはニョニャらしいパステルに彩られた絵皿が並んでいます。
厨房には美男美女スタッフがズラリ、なのですが実は彼らシンガポール、フレンチ、オーストラリアそれぞれの料理経験を持つシェフたち。
この陣容こそが、この店のコンセプトを体現しているのですね。


★生タイガービール ¥790

なんと、シンガポールの国民的ビールが生でいただけるとは!
これだけで大きな価値があります。


★ペーパーチキン+みる貝とすもものカルパッチョ ¥780

タレを染み込ませた鶏肉を紙で包み蒸し焼いたシンガポールのストリートフード、ペーパーチキン。
そこに季節食材の意外な組み合わせで魅せる独創料理を組み合わせたスペシャルな一皿。


日本の照り焼きを思わせるペーパーチキンの濃厚風味と、繊細な食感押しのカルパッチョのコントラスト。
なんだかとても新鮮で楽しい!


さて、ここはビストロ。
ワインのラインナップもちょっと捻りが効いていますよ。


★STORI オレンジワイン ¥670

美しい琥珀色のジョージアワイン。
フルーティでありながら甘さ控えめでクリアな味わい。
個性はあるが飲みやすいワインですね。

締めはやはりこちら。

★新加坡肉骨茶(ライス付き) ¥1080

シンガポール式の肉骨茶(バクテー)です。
元々、華僑系肉体労働者のスタミナスープとして親しまれていた肉骨茶、この店では飲んだあとの“シメバクテー”を推奨しているんですね。

クリアでありながらしっかり染み渡る滋味は本店「新加坡肉骨茶」譲り。
「マレーシアとシンガポールの肉骨茶は違うのよー」なんて語る通な方々も「そう、これこれ」と唸る仕上がりです。

確かに〆ラーメンや〆茶漬けに匹敵する安心感がありながら、胃に重くないヘルシーさ。
これは習慣になりそうなレベルでありますね。

地下のテーブル席で独創的なコース料理を楽しむのもよし、カウンターで気軽に飲めるバルとしても使うのもよし、どっかで飲んだあと立ち寄って、シメバクテーを食べるもよし。

敷居は低く志は高い、良いお店ができたものです。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

BISTRO NYONYA by 新加坡肉骨茶



関連ランキング:シンガポール料理 | 中目黒駅代官山駅恵比寿駅


関連記事

テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/4385-cb79207a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)