FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

現存する埼玉唯一のラホールは、かつカレー専門食堂?「華麗屋ラホール」(春日部)

暖簾分け店舗が東京・埼玉に点在する老舗カレーショップ「ラホール」。
「デリー」のカシミールカレーにも似た激辛ブラックカレーが人気ですね。

今では東京に4店舗ある「ラホール」ですが、埼玉県に唯一現存するのはただ一店。
「ラホール」発祥の地とされる春日部です。

春日部駅西口から徒歩4分、イトーヨーカドー脇の通称「おしゃれ横丁」。


「華麗屋ラホール」

元々は駅前に本店があり、こちらは支店だったそうです。
なんと「かつカレー専門食堂」を謳っているんですね。

洋食屋テイストを感じさせる、古びたショーケース。


店内もさすがに年季が入っています。

こちらがセットメニュー。

ベースのカレーを「日本風」「インド風」のいずれか選び、具材と辛さをチョイス。

と、ここまでは「ラホール」各店舗でお馴染みなのですが、よく見ると「日本風」は「カレー」、「インド風」は「カリー」と使い分けているあたりにこだわりを感じます。
辛さ調節が無料であるところも良いですね。

トッピング具材はまさに豊富。
洋食店でいただける様々な揚げ物のほか、ハンバーグやスタミナ焼きも組み合わせ可能。
さらにカレー抜きの定食にも変更可。
・・・って、もはや「かつカレー専門食堂」じゃないですけどね。

揚げ物とカレーの組み合わせがウリと言うことですね。


★インド風カリー ヒレカツ・エビフライ&カニクリームコロッケ(極々辛) ¥1020

おぉぉっ、魅惑の別盛り!!
味噌汁と割り箸がついてくるのは意外だった!!

カレーはやはり「ラホール」ならではのブラックカレー、つまりインド風を辛さアップで。
まさに「デリー」のカシミールカレーをよりカジュアルにしたような味わい。
極々辛にもなるとチリパウダーの辛さが少し前面に出てくるため、「ラホール」初体験の方はもうすこし辛さ抑えても良さそうです。


そしてヒレカツ、エビフライ、カニクリームコロッケ。
いずれも衣サクッと、老舗洋食店の味わいが心に沁みます。

特に中がトロットロのカニクリームコロッケ、これ辛いカレーにめっちゃ合いますね。
辛さを中和しつつまろやかにしてくれるという。


うん、黒い、辛い、美味い。

カレー好きの血と、激辛好きの血と、洋食好きの血が、春日部で騒ぎます。


ランチ時にはドリンクもサービス。

ここはまたちゃんと来よう。

「ラホール」、やっぱり好きですわ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

カレーショップ ラホール



関連ランキング:カレーライス | 春日部駅八木崎駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/4358-d1b3cc2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)