FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

多国籍タウン伊勢崎のナン工場兼パキスタン食堂。「パクカレーレストラン」(伊勢崎市)

群馬。
知られざる多国籍タウン伊勢崎。
「いせざき」じゃありません、「いせさき」。

工場がたくさんあるこの辺りでは、古くからアジア、南米各国からの移住者がたくさん住んでおり、多国籍な日常が営まれているんです。

JR伊勢崎駅の近くには伊勢崎モスク。


その先には伊勢崎で一番有名なパキスタン料理店「マーディナ」が。
(「マーディナ」訪問記事はこちら。)

ですが伊勢崎には他にもたくさんのパキスタン料理店、各国料理店が点在しているんです。

密集ではなく、点在ね。

今回は駅から離れた場所にある、ステキなパキスタン料理店を訪問してきました。


「パクカレーレストラン」

伊勢崎駅からバスで約25分、本庄駅からバスで約10分の場所にある小さなパキスタン料理店。
「パク」はpak、「パキスタンの」という意味ですね。

食堂スペースは小さいのですが、食材店も併設。
さらに隣にはナン工場「pak nan」を持っており、店頭販売も。

ここで製造したパキスタン式ナンは、全国に発送されているようです。

そして、富山県射水を「イミズスタン」と呼ばれるほどパキスタン料理の聖地へと押し上げた天才シェフ「メガネ兄貴」ことカムランさんもここに一時期在籍していたという、何気に重要なお店なのです。


食堂スペースはまさにパキスタンの大衆食堂。
パキスタン人だけでなく、南米系のお客さんもおり、流石は伊勢崎ですね。

テーブルには日本語メニューもあるのですが、こういうお店では英語ボードを見るのがベスト。

おぉ、ワクワクしますね。
パラクゴーシュトは残念ながら売り切れでした。


★ラッシー ¥300

量多い!500mlくらい?
甘み抜きでお願いしたら快諾していただけましたよ。


★日替りカレー+タンドールBBQセット ¥1050
・HALEEM ハリム


日替わりカレーにハリームがあったのですかさず注文。

ハリームとは小麦、大麦、レンズ豆に肉と香辛料を加え、5~8時間ほど煮込むムスリムのシチュー。
私もあちこちでいただいてきましたが、ここのはかなり個性的。
多分、肉に比して豆の量がたっぷりなのでしょう。
こしあんのように滑らかな舌触り。
おそらくニンニクも控えめなのでしょう、豆の味が引き立つハリームとなっています。
素朴でヘルシー(?)な、毎日食べられる味なのでしょう。


ナンはチャパティに変更可能。
これまた素朴な家庭の味です。


タンドリーチキンはディープロースト、シークケバブはチキンベースで香草の香りたっぷり。
ここまでついて1000円はお得すぎますね。


こちらはARbi Goasht さといもマトンのセット。

東京のお店だと逆に、こんな素朴なメニューになかなか出会えないので貴重ですね。


ホクッと、ネパッと実に素朴、レストランというよりも家庭の味そのもの。


ナンもかなり独特で、フランスパン、バゲットみたいな味わい。
ちなみに隣の工場で販売しているのは丸ナンで、こちらとはまた違うみたい。


料理の素朴な味わい、店内の雰囲気、次々訪れる客の多国籍感。
まさに「国境なき日常体験」です。

通し営業なのも有難く、明るいうちにふらっと訪れるのがおススメです。
(周囲が工業地帯で交通量も多く、夜道はちょっと不安かも)

さらにこのエリア、徒歩圏内にかなりの多国籍料理店がひしめいているのも見どころ。

ベトナム。


ペルー。


ブラジル。


タイ。

そして近隣には小さなモスクも。

駅からはかなり離れている地域ですが、これらを梯子するだけで一日過ごせそう!

最後に、「パクカレーレストラン」及び多国籍料理店が密集するエリアへの行き方をご紹介。
JR伊勢崎駅と本庄駅を結ぶ路線バス、坂東大橋北という停留所が便利。
伊勢崎駅からはおよそ25分、欲上駅からはおよそ10分ほどの距離にあります。

もっとも、「パクカレーレストラン」はこの停留所からさらに徒歩20分ほどなのですが・・・・

そしてさらに、驚くべき事実を発見。

この坂東大橋北停留所、なんと新宿バスタと直行便で繋がっていたんです!

伊勢崎オートレース場と新宿を繋ぐJR高速バスの停留所になっているんですね。
これは素晴らしい。
新宿から往復バスで多国籍料理店巡りツアーができるわけだ!

ちなみにこの日の帰りは19時6分の高速バスにてゆったり快適。
但し途中渋滞で新宿着は22時ちょうどでした。
時間と心にゆとりがあれば、是非活用してみてくださいませ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

パクカレーレストラン



関連ランキング:パキスタン料理 | 剛志駅本庄駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/4336-3578b09a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)