FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

静岡カレーカルチャー発信源、お座敷でいただく個性派カレー。「カレー屋ロストコーナー」(御門台)

静岡市清水区の住宅街に、個性が光るカレー店。



「カレー屋ロストコーナー」

2017年オープン。
店名の「ロストコーナー」には『忘れてきたものが見つかる場所』という意味を込められているそうです。


靴を脱いで上がる、くつろぎ空間。
確かに遠い昔、少年だったころの自分の部屋のよう。
ゴチャッと感が落ち着きますね。

カレーは定番のスパイスカレー系から、トリッキーな限定カレーまで振り幅たっぷり。
まずは定番から攻めてみましょう。

★カレー2種盛(小盛) ¥1100
・ビンダルー
・ドライキーマ


ご飯の盛り方からピンクペッパーの配置まで、実に丁寧。
プラモデルの聖地・静岡らしいクラフトマンシップですね。


ビンダルーもキーマも、ザ・定番といったチューニング。
バッチリスパイスを効かせつつ、これなら毎日食べられると思える仕上がりです。

そして・・・この店のお楽しみといえば、攻めに攻めた「限定カレー」。
SNSなどで随時告知しているのですが、この日はまさに静岡らしいカレーが登場です。

★限定カレー2種盛(小盛) ¥1100
・青山椒と竹の子のマトンキーマ
・酒粕と黒はんぺんのカレー


なんと、静岡名物の黒はんぺんを用いたカレーです。
酒粕の風味がガッツリ効いていて、カレーでありながら完全に「和食」。
和風の小鉢に入れて「静岡名物黒はんぺんの南蛮煮で御座います。」なんて出されたら説得力ありそう。

対する青山椒と竹の子のマトンキーマは突き抜けた刺激が魅力。
癖を癖と思わず振り切る迫力、けっこう好みです。

静岡の、しかも決して中心街ではない場所でこの勝負っぷり。
なのに妙に懐かしくて落ち着く感じ。
なるほど確かにロストコーナーだ。

この店に刺激と勇気をもらって、静岡に新しいカレー屋が次々出てきてもおかしくない、そんな存在感がここにあります。

静岡に行ったら是非立ち寄るべきですよ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ロストコーナー



関連ランキング:カレーライス | 御門台駅狐ケ崎駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/4331-8cc29d5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)