FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

あの重ね煮カレーの名店、別府に出現。「Curry & Spice 青い鳥 別府」(別府)

重ね煮カレーという独自の発想でJapanese Curry Awards2016新人賞を受賞した東京・幡ヶ谷「Curry & Spice 青い鳥」が別府に新店スタート。

早速訪問してきました。


「Curry & Spice 青い鳥 別府」

2019年2月1日オープン。
移転ではなく、幡ヶ谷の店は営業を継続。
シェフのチエさんがお店を離れ、故郷大分でもうひとつの「青い鳥」が生まれたというわけ。

但し、この場所では5月までの短期間限定営業。
良い物件が見つかったら改めて新店スタートするようです。


一階はカウンター席と小さなテーブル席。
ですが二階にもこんな素敵な空間がありました。


居心地マックス!

「青い鳥」のメニューは週がわり。
テーマがインドの週と、ネパールもしくはスリランカの週が交互にまわってきます。

この日のテーマはインド。
もちろん、重ね煮インドですよ。


★インド料理重ね煮カレー2種盛り ¥1200
・ カシミーリチリチキンカレー
・ラッサム(自家製梅干し使用)
・水菜、からし菜、ルッコラ、トマト、ひよこ豆のサラダ
・菊芋のスパイス炒め
・カボスのアチャール
・パパド
・胚芽米【にこまる】とバスマティーミックスライス
・コリアンダー


迷ったら2種盛り!
そしてこれがドンピシャチョイス。

香ばしさ際立つカシミーリチキンカレーの完成度。
そして、チエさん自身「自分が作るカレーで一番好き」と言う梅干しラッサムの衝撃的な美味さときたら!
まるで「飲む梅干し」、酸味好きには堪らない!

季節の野菜を活かした副菜も素晴らしい。
菊芋の食感も楽しいし、カボスアチャールも大分ならでは。


優しい顔してゴリゴリなビンダルーもいただきました。

食後にはこちら。

★ミーキリ ¥300

キトュルハニーがけ、ネパール山椒トッピング。
ヨーグルトに山椒というトリッキーさで最後まで楽しい。

私が初めて会ったチエさんはまだ新中野「やるき」のバイトだった頃。
その後たまたま新大久保「ナングロガル」でばったり遭遇。
それが幡ヶ谷「青い鳥」オープンの直前だったという奇遇っぷり。
そんなこんなで「カレー寺」イベントに出てもらったり色々お世話になってきたのですが、今回別府で再会しカレーをいただいてハッとしました。

前々からチエさんのカレーが美味しかったことは間違いないのですが、ここに来てとても強い「芯」のようなものが感じられるように。

シェフを表現者とかアーティストとか呼ぶのが良いのか分かりませんが、とにかく作り手自身が見事に表現された一皿をいただきました。

故郷という土地のチカラでしょうか。
とにかくこの別府の街、この一年で先鋭的なカレー店が急増した様子。
「青い鳥」効果は間違いなく大きいはずですよ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

カレー&スパイス 青い鳥別府



関連ランキング:インド料理 | 別府駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/4254-c65a0de2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)