FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

経堂初の南インド料理店は濃厚キャラと米料理推し。「フードタイム」(経堂)

2018年は東京各地に南インド料理の新店がオープンした年でした。
かくして年が明け、2019年最初にオープンした南インド料理店がこちら。

「フードタイム」

2019年1月1日経堂北口すずらん通りにオープン。

看板をよく見ると「本場 南インド 米料理 レストラン」とあります。

米料理プッシュしてるんですね。


「おすすめは米料理」

・・・あ、そうか。
インド料理といえばナン、という先入観へのカウンターパンチなのかもね。


ボックス席とカウンター席で構成された店内。

入店するや否や、メチャクチャテンション高いご店主がカンゲイ。
一見日本語ペラッペラだけど、どこまで通じてるかわからない感じ、完全に天然キャラ。

店主の名前はムルゲシュさん。マドゥライの北、ディンドゥガルから来たそうです・・・・が、正しく伝わっているかはちょい謎。
超密着接客でとにかくキャラが濃いですねー


★プレミアムモルツならぬキリン生

いろいろネタ提供してくれます。
お酒のメニューはなかったのですが、言えばいろいろ出してくれるみたい。
角ハイの井川遥ポスター眺めながら飲むキリン生もまた格別です。

そしてお食事メニュー。

米料理レストランというだけあって、ビリヤニのバリエーションがめちゃ豊富です。
地域や製法、具材なんかで分けられているんですが、実際どう違うのかわかりにくいですよね。
そんなときはムルゲシュさんに訊いてみましょう。

「これは?」
「これはオススメよ」
「じゃぁこれは?」
「これは辛いビリヤニ」
「これは?」
「これも辛いビリヤニ」
「じゃこれは?」
「これも辛いビリヤニ」
「どう違う感じ?」
「場所が違う。」

これは実際頼んでみるしかないですよね(笑)

ですが、この日はビリヤニ未食。理由は後述。


そしてドーサもたくさんあります。
ページめくったら次のページにもあるほど。

けどどれも1000円前後するので「ドーサには何がセットでついてくるんですか?」と訊くと、
「ぜんぶついてる」との答え。

これも頼むしかありません。。。


★マトン・ヴァルーヴァル・ドライ ¥1050

まずは酒のつまみにこちら。
意外に辛くないかも・・・と油断してたら唐辛子が随所に入っててバーニング。

んで、次は軽食・・・と思い頼んだこちらが凄かった。

★ラバ・ドーサ ¥1100

いわゆる「穴あきドーサ」ラヴァドーサなんですが、なかなかのボリューム!
ターリー皿にドサッ!ですよ。
皿左側のスペースが空っぽなのはご愛嬌ですね。

オーダー時、「プレーン?マサラ?」と聞かれたのですが、この後ビリヤニも食べたかったので「プレーンで」とオーダー。
「OK!」といいつつ、出てきたのはマサラポテトがたっぷり詰まった食いしん坊バージョン・・・いやいやいや。


ドーサ自体には玉ねぎがたっぷり練り込まれていてなかなかの食べ応え。
どことなくオニオンウッタパムのような味わい。

そこにたっぷりのマサラポテト。ド迫力。

セットにはサンバル、ココナッツチャトニ、トマトチャトニ。
サンバルもなかなか美味しくて、なるほどこの店、光るものがあるなと思った次第。

それでは早速メインのビリヤニをば・・・

と思ったのですが、とにかくドーサのボリュームが凄かった。
2人がかりで食べてお腹いっぱい。
プレーンで出てきたらビリヤニまで行けたかもしれないけど、ここは無茶せず次回に持ち越しです。

店主の故郷の味というディンドゥガル・タラパカッツ・ビリヤニが果たしてどんなものか、ちょっと興味あったんだけどな。
誰かレポお願いします。

この日も客の殆どがタミル系。
わりと遠くから電車で来ているみたい。

日本人客への口コミはまだまだこれから。
どんどんブラッシュアップして続けてほしいですね。

・・・というか店主のキャラ濃いから、そっち方面でブレイクするかも。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

フードタイム



関連ランキング:インド料理 | 経堂駅宮の坂駅山下駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/4231-55701077
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad