FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

帯広インデアンの本拠は、超老舗洋食店にして超便利なファミレスだった。「ふじもり」(帯広)

帯広の民をカレー漬けにする最強のご当地カレー「インデアン」。

(インデアンの記事はこちら

その本拠となるのがこちら。

「ふじもり」

1906年、帯広駅構内で待合所と饅頭などの駅売りから始まった老舗中の老舗。
「インデアン」はこの「藤森商会」が1968年に興したカレー専門店舗なのです。

詳しくはWikipedia藤森商会_(帯広市)

今では帯広市民皆が知る洋食屋さんであり、ファミレスであり、宴会場であり、仕出し屋さんである「ふじもり」。
帯広に全国区のファミレスチェーンやカレーチェーンが進出できないのも、「ふじもり」の存在感ゆえと言われています。
(「藤森商会」自身、974年からファミレス業態「こんにちは」を展開していたのですが、現在はすべて閉店しているようです。)

現在は4代目社長となるこの「ふじもり」、お昼時ともなると家族連れでの大盛況。

(この頃のiPhone写真データはすべて消えるトラブルに遭っており、文字ベースのレポとなることご了承ください。貴重な写真をご提供くださった、より様ありがとうございます。)

家族で楽しめるボックスシートがずらり並ぶ店内。
メニューは洋食・和食、帯広名物の豚丼まで多彩。
まさにお年寄りから小さなお子さんまで一緒に楽しめるお店となっています。
スイーツ付きの方なら、映えるサンデーアラモードもオススメであります。

席につきまず驚くのは、サービスで提供されるメロンソーダ。
そうそう、クリームソーダのベースになるあの緑のシュワシュワですよ。


★ビーフカレー ¥518

「ふじもり」でいただけるカレーは、
・ビーフカレー ¥518
・海老フライカレー ¥788
・カツカレー ¥702
・ハンバーグカレー ¥680

の4種。

ビーフカレー、つまり「インデアン」でいうところのインデアンルーが基本で、そこに洋食店ならではの具材をトッピングという仕立てですね。
ルー自体はセントラルキッチンで仕込んでいるので「インデアン」と共通なのですが、「インデアン」とは異なりルーの種類は固定、辛さも選択不可。
故にかなーりマイルドな味わいとなっています。

何人かで訪れ、いろいろなジャンルの食事をしたいなら「ふじもり」、カレーを好みでカスタマイズしたいなら「インデアン」といったところでしょうか。

ちなみに・・・・

・・・店内のボックスシートを仕切る部分のガラス面には、とあるキャラクターのイラストが。
大きな小麦の穂を担いだ小人のキャラなんですけど、とんがり帽子に「F」ってイニシャルがあるんです。
「F」?「フジモリ」?
いやいや、このキャラどっかで見たことあるような???
・・・あ。某パン屋の「フジ●●」のキャラと完全一致。
大阪「イン●アンカレー」とほぼ一致する「インデアン」のロゴといい、なかなかおおらかな社風ですね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ふじもり



関連ランキング:定食・食堂 | 帯広駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/4222-4be278a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)