FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

香りの匠。国分寺でハイレベルなインド料理。「印度料理 アマンキッチン」(国分寺)

びっくりです。
国分寺にまさかのハイレベルなインド料理店。



「印度料理 AMAN KITCHEN」(アマンキッチン)

オープンして2年ほどになるようですが、全くのノーマークでした。

スナックを居抜きで改装した店内は風情抜群。
ですが厨房はなかなかの広さ。タンドーリ窯も設置されています。


こちらの味を創るのは、デリーから来日して20年ほどになるというヒィラ(HIRA SINGH)シェフ。
立川の名店「タージ」(現在は閉店)や、あの「ニルヴァーナニューヨーク」で腕を振るってきた名シェフです。


そんな彼が何故国分寺に?という奇跡。


メニューは南北インド料理を取り揃え。
もはや南北の垣根を超え、シェフの美味い料理をいただくレストランと捉えるのが素直なところでしょう。


ホワイトボードにも注目。
旬の料理もお楽しみ。


まずはインドワインをボトルで。
銘柄はグローパー。
2200円という、都心ではあり得ない価格が嬉しいですね。

つまみはこちら。

★南インドのジャガイモ炒め ¥380

とってもシンプルながらまぁ美味い。
味が濃い、香りが立ちまくり。
インドから持ってきたチリのロースト香がまた堪りません。
この店のスターターはこれで決まり。


★ラムの骨スープ ¥1400

ホワイトボードメニューから。
ラム肉じゃなくラムの骨というのがキモ。

縦に斬られた骨から染み出た髄液の旨み、そしてプルプルのコラーゲンを愉しむスープなんです。
骨の髄まで染みわたる味わいが贅沢!


★チャナマサラとバトゥーラのセット ¥1400

はいもう、見ただけでヤバいヤツです。
盛り付けの美しさは流石「ニルヴァーナニューヨーク」出身。
平たく言えば豆カレーなのですけど、むせ返るほどの香りと旨みの深さが只者ではない。
ちょっと日本人には真似できないのでは?と思わせるセンスです。


バトゥーラは揚げナン。
この組み合わせ提案が面白く、美味しいものを美味しく食べてもらいたいという、お店の意志を感じます。


★ピーマンのアチャール

こちらメニューには載ってなかった一品。
あぁ、美しい。
インドのミントを使ったチャトニが添えられています。
酸味と辛さと香りで無限に食べられますね。


★南インドの魚カレー ¥1500

この日の魚は立派な寒ブリ。
ココナッツミルク使い方がとにかく渋い。
ココナッツミルク使いましたーって主張するヤラシさが一切なく、スパイスの香りとブリの脂の旨味を持ち上げる役割に徹しています。

ここまでで、もう名店確定。
南北インド料理とも、とにかく香りの魔術が凄い。
特に北インド系の料理でここまで香りを立たせるお店、日本で他にあまり思い当たりません。

まだまだいきます。
次にオーダーしたのはこちらのコンボ。

★マーラバールセット ¥1980
・チキンチャツナード
・レモンライス
・パラタ


一品一品味わって行きましょう。

★レモンライス

南インド料理好きはみんな好きなレモンライス。
カシューナッツに加え、立派な茹でピーナッツがたくさん入っているのが個性的。


★ チキンチャツナード

チェティナードゥ式のチキンカレー。
これまた香りが尋常じゃない。
聞けば、インドでゴリゴリすり潰し調合したヒイラ家特製ガラムマサラを用いているのだとか。
もちろんそれだけではないのですが。


★パラタ

パラタ好きな方なら写真からそのポテンシャルは伝わることでしょう。
パリッと歯ごたえある部分とフワッとした部分のバランスが絶妙。
手間がかかるので忙しい時には作れないかもとのこと。

いやぁ、国分寺の名店だ。

都内人気インド料理店の多くのように、派手で華やかな味つけではありません。
ですが、フワッと包み込むような絶妙のスパイス使い、唐辛子自体の旨みも含めた味の深み、
ちょっと一朝一夕に真似することが出来ないヒィラシェフの腕とセンス。
「香りの匠」とでもいえましょうか。

通好み、玄人好みのインド料理店ですぞ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

AMAN KITCHEN



関連ランキング:インドカレー | 国分寺駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/4201-f478f48a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)