FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

老舗北インド料理の信頼感をランチで堪能。「モティ 新橋店」(新橋)

日本で一般的なインド料理といえばナン、タンドーリチキン、バターチキン。
これらは中東からきたムガル帝国の流れを汲む北インドの、いわば宮廷料理であり、
最近日本でも浸透してきた南インド料理とも、北インドで日常的に食べられている家庭料理とも異なるものです。

ですが日本ではこれらのインド料理がテンプレ化したことで、素人同然の店も含め玉石混淆に。
そんな事情もあって最近は北インド料理はどんどん注目されなくなってきました。

けれどもそんなアレコレをいったん忘れてしまえば、北インド宮廷料理ってやはり美味しいんです。
但、お店をちゃんと選べば、の話ですが。

新橋駅すぐ、ペルサ115の五階。


「モティ 新橋店」

創業1978年。
赤坂、六本木そして二子玉川で確固たる地位を確立してきたインド料理の老舗「モティ」が新橋に登場です。


ランチタイムはなんと17時まで。
堂々66席の広大な店内を独り占め。
これは贅沢。


インド料理店としては高級な部類に入るモティですが、ランチメニューはかなりお得な価格。
お一人様ならランチがおススメです。


★スペシャルランチセット ¥1150


カレーは三種。
カシューナッツの香ばしさが際立つ海老カレー。
トマトの酸味あふれ、ときにホールのブラックペッパーが効くチキンカレー。
マイルドでいんげんとブラウンマッシュの食感押しの野菜カレー。
それぞれのグレービーが違う個性を持っているのが素晴らしいです。

特に海老カレー。
このリッチな香りと味わいがランチの基本セットでいただけるのは凄い!

ランチは香りが飛んだ共通グレービーを用いる店も多い中、流石老舗の矜持を見せてくれますね。


ナンもフカフカして胃に溜まるなんちゃって仕様とは異なり、ミシッとした噛み応えと小麦の香りの本格派。
甘辛テイストが個性的なオニオンアチャールも見逃せません。

このクオリティでワンドリンク付きは素晴らしきランチ。

夜は少し値段が張りますが、料理のバリーションも豊富。
ドーサなどの南インド料理もあり、グループでのちょっといいディナーや接待にもお勧めですよ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

インドレストラン モティ 新橋店



関連ランキング:インド料理 | 新橋駅内幸町駅汐留駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/4180-1da93f11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad