FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

ミクロクテノポマ・アンソルギー

「最も美しいクテノポマ」

にして、

「アフリカ大陸屈指の小型美魚」

といえば、この魚。

$FLYING ROPEFISH!
ミクロクテノポマ・アンソルギー
学名:Microctenopoma ansorgei
別名:クテノポマ・アンソルギー
最大長:8cm
原産地:コンゴ、ガボン

Microctenopoma属の代表種。
(Microctenopoma属についてはこちらを参照。)
オレンジと黒のストライプが非常に美しい種ですが、
その本当の美しさを見るのは決して容易なことではありません。

なぜならこの種が本当に美しい姿を見せるのは求愛か闘争のときだけで、普段は地味めな褐色をしているから。

FLYING ROPEFISH!
FLYING ROPEFISH!
そこそこ縞が見えていますが、
本当に綺麗な時はこんなものではありません。

気が強いクテノポマの仲間では、
もっとも警戒心が強く臆病なこの種。
隠れ家のない環境では水槽の隅で黒っぽくなって、
ヒレもたたんでじっとしていることが多いようです。

熱帯魚ショップで販売されているときにはおおむねこの状態で、
しかも3~4cm位の幼魚が多いため、
知らない人が見ると、とても陰気で地味で冴えない魚にしか見えないはず。
飼育者人口が広がらないのはその辺の理由が大きいでしょうね。

FLYING ROPEFISH!
逆に、流木や水草で隠れ家を多く作った環境ではヒレもよく開き、
いい発色を見せてくれるのですが、
飼育者が驚かせたり、カメラを向けたりするとササッと隠れてしまうため、
なかなか決定的な写真を撮るのが難しいのです。

FLYING ROPEFISH!
こちらは少し黒ずんだ状態(同個体)。

FLYING ROPEFISH!
しかしヒレを開いたフォルムを見ることが出来ました。

繁殖形態はベタと同じく泡巣を作るタイプ。

オスはメスよりもヒレが大きく、
ヒレの縁の白がよく目立つことで区別できます。
FLYING ROPEFISH!
FLYING ROPEFISH!
この個体はオスですね。

顔つきもクテノポマの仲間としては異色。
FLYING ROPEFISH!
繊細さを絵に描いたような顔をしています。

FLYING ROPEFISH!
餌は生餌を好みますが、慣れれば人工飼料もOK。
ただ、神経質なので拒食で痩せていかないよう、充分な観察が必要です。

突然、この魚の超鮮やかな体色を見ることが出来るのは飼育者だけの特権。
万が一、きれいな状態の写真が撮れたら、アップしますね。

人気ブログランキング参加中。
いつもクリックありがとうございます。
クリックはこちら

FLYING ROPEFISH!-ranking banner
関連記事

コメント

2. Re:こんばんは。

>松風さん

まさにアフリカのワイルドベタ、
という感じですよね。

人気があまりないのはやはり、
アフリカやヨーロッパからの便が多いからでしょうか。
痩せて色がくすんだ状態での入荷が多いのと、輸送費の関係でアジアの魚よりも価格がちょっと高めになってますから。

ショップでの発色があまりよくないのは逆に、飼い込む楽しさがあるってことだ、
と考えられるのはやはり達人の発想で、
一般的にはショップでキレイな魚に人気が集中するのはいた仕方ないですね。

まあ実はそんな、日の当たらない美魚ってところがたまらなく魅力なんですけどね(笑)

  • 2009/11/30(月) 21:03:13 |
  • URL |
  • ropefish #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

1. こんばんは。

キレイ!ですねー!
飼いこめばこそ美しいこの種の良さがとてもよくあらわれていますねー!。

アンソルをはじめ、ミクロクテは美しい上に飼育しやすい極めて魅力的な種が揃ってますよね。
ことに「小型美魚」流行りの昨今、もっと注目されていいように思います。

ワイルドベタより丈夫な印象ですし、大好きです。

実は、2ケ月前、我が家で3年飼い込んだアンソル♂クンを水換え中のトラブルで亡くしてしまい、今はちょっと寂しい最中です。

しかし、この記事を拝見して、またいつかアンソルを飼い込んでみようと思いました!

  • 2009/11/30(月) 18:45:25 |
  • URL |
  • 松風 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/418-690e7f72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)