FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

注目!肉の旨みを堪能するカツカレーの新店。「curry peak カレーピーク」(浅草橋)

なぜかカツカレーの注目店が現れることの多い浅草橋。
2018年も最終月にさしかかった12月3日、またあらたなお店が誕生しました。



「curry peak カレーピーク」

山の頂上にカレーがかかったロゴ。


カウンターのみの小さなお店と思いきや・・・

二階席もありました。

早速メニューを見て見ましょう。

看板メニューはロースカツカレーとチキンカツカレー。
様々なトッピングを組み合わせて楽しむことができます。

私の好きな言葉は「せっかくなので」。
せっかくなので、ワクワクしちゃう組み合わせでオーダーしてみましょう。

★ロースカツカレー&ローストビーフ ¥1400
・辛味スパイス 1辛 +¥30


豚と牛、porkとbeefの競演!
よく見るとライスの両側のカレーの色が違うことにも注目です。

低温でじっくり中まで火を通し旨みをとじこめた豚ロースのカツ。
そうメニューに書いてあったのですが、実際食べてみれば予想を超えた旨みの濃さ。
熟成肉好きなら絶対気にいるはず。
衣は薄く、サクッと。
卓上ソースをつけてこれだけでも楽しめますね。

一方のローストビーフ。
450円という贅沢トッピングなのですが、これが大当たり。
カレートッピングのローストビーフって何故か、やけにスジが硬くて手で引きちぎらなければ切れないモノも多いのですが、こちらは肉厚で柔らか、旨みたっぷり。
たまりません。


二色のカレーは手前が野菜ベース、奥が果物ベース。
肉の味が濃厚なぶん、カレーは角を立てず素材の味を感じる優しい仕上がりにしてバランスを取っています。

さらにお米は鳥取・田中農場の「カレー専用米」。
ハリのある食感でベタつくことないのが特徴ですね。

肉の旨みをじっくり堪能できる、これは面白いバランスのカツカレーが登場したものです。


★ホットコーヒー ¥100

今はなき初代「銀座ニューキャッスル」を彷彿とさせるコーヒーカップ。
これ、買いたいな。

ハイレベルなトンカツやカツカレー店犇く浅草橋。
しかも先日、日本一のトンカツと称された「丸山吉平」が閉店したとあって、トンカツへの渇望が強いこの街を狙って開店したのかと思いきや・・・たまたま見つかった空き物件が浅草橋だっただけとのこと。
とすれば強運、まさにベストタイミングといえましょう。

営業時間は11:00~21:00、通し営業もありがたいですぞ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

カレーピーク



関連ランキング:カレーライス | 浅草橋駅両国駅蔵前駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/4173-92f0d469
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad