FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

名駅エリアに現地仕様のネパール食堂誕生。「カトマンズキッチン」(名古屋)

最近は名古屋にもインネパではなく、ネパール人向けのネパール料理を出すお店が増えてきたようです。

名古屋駅新幹線口から徒歩5分。
突如現れるネパール食堂。


「カトマンズキッチン」

オープンは2018年7月3日。
土曜日の昼前の訪問でしたが先客のネパール人若者たちが数組。
すでにファンを獲得しているようですね。


店内はまるでネパールの山小屋。

メニューはランチもディナーも共通みたい。


ダルバートにあたるネパーリータリーセットは、ベジ仕様なら税込590円。
リトルカトマンズ新大久保に迫る勢いの安さです。
その他、カジャ系のメニューもいろいろあって、完全にターゲットはネパール人。


★マトンタリーセット ¥750

つまりはマトンのダルバート。

・骨付きマトン炒め(マトンカレー)
・白ご飯(日本米)
・豆カレー(ダルスープ)
・野菜ドライカレー(アルサデコ)
・ネパール風トマトピクルス(ゴルベラアチャール)
という内容。


マトンカレーはシャバシャバで、骨ごと細かくぶった斬られた羊肉が・・・というよりも殆どが骨ではあるのですが髄の旨味がスープに染み出して味わい深く結構好み。

ダルスープも固形豆少なめ、あくまで汁メインのサラサラ。
温度はかなりぬるめでしたが、ネパール人的にも私的にも問題なし。

ゴルベラアチャールはティムル(ネパール山椒)の香りがかなり鮮やかでハイレベル!
これ、モモに漬けたら絶対美味いわ。

ライスは炊きたて感がなかったかも。
温め直しかな?ここが美味けりゃ完璧なんだけど。

そのリーズナブルさ、具材のリッチさより香りや旨みで押す感じなど、どこか新大久保の「ムスタング」にも通ずるものが。
客層も若めですしね。

ここは流行って欲しいなぁ。
回転上がればご飯の炊きたて率も上がるはずですしね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

カトマンズキッチン



関連ランキング:ネパール料理 | 中村区役所駅名古屋駅名鉄名古屋駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/4166-1d9baeef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)