FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

黒田氏による、月曜だけのエッジィなカレー実験。「CURRY FORNICATION」(心斎橋)

今や、大阪カレー界1の危険人物・・・いや要注目人物と言っていいのが、心斎橋のRock Bar「anonymous」の黒田健さん。

Rock Barなのにとんでもないクオリティのバナナリーフミールスを提供する本拠「anonymous」をはじめ、
梅田駅直結の場所に開いたカジュアル店「ポンガラカレー」が2018年にはなんと東京に進出。
しかも赤坂と大手町という都心も都心に2店舗展開。
そんな八面六臂の活躍をする傍らで、大阪スリランカの名店「セイロンカリー」の手伝いもしているという・・・・

いろんな意味でRockな方なのです。

そんな黒田さんがカレーの更なる可能性を追求するため、「anonymous」の月曜ランチ時を自ら間借りして開くカレー屋。
それがこちら。


「CURRY FORNICATION」(カリー フォニケーション)

FORNICATIONの意味については各自ググっていただくとして・・・その名の通り、さまざまな料理概念を超えた交雑・融合の実験が(昼間っから)行われているわけですね。

ちなみにこの記事の訪問日時は2018年5月28日。
なんで半年も記事にしなかったのかといえば、実は夏から秋にかけてこの「CURRY FORNICATION」一時休止されてたんですね。
理由はもちろん、東京へ「ポンガラカレー」を2店舗もオープンするため。

東京「ポンガラ」が無事軌道に乗り、晴れて再開とのことで記事にしようと思った次第です。

その日のメニューはSNSで告知。
流石の人気なので、予約取り置きが推奨。

会計は1200円の前払い。

そして、この日のメニューはこちら。
流石すぎる驚愕の内容ですぞ。

★マレーシア式肉骨茶&老虎菜

いやいやいや、スリランカのランプライスがメインはメインですねん。
そこにマレーシア式の肉骨茶を合わせるってんですから、もう大航海時代の海路かって。
ちなみに老虎菜(ラオフーツァイ)はパクチーに青唐辛子や胡麻油を加えた中国の古典的なサラダです。


バナナリーフをスルスルっと解くと、ムワッとした香り。
そしてビーツの鮮やかな赤。
完全無欠の黒田式ランプライス。
よく見りゃ黒目豆使ってたりと、オリジナリティも忘れていませんね。


そこでメインのカレーに当たる箇所に肉骨茶(バクテー)です。
マレーシアの華僑労働者たちが朝食べる滋養強壮スープとして定着した肉骨茶。
こちらシンガポール式の澄んだスープとは違い、マレーシア式のがっつり濃厚な甘辛醤油味。

トロットロに煮込まれた豚バラ肉が主役感満載ですね。

これをバナナリーフ上のターメリックに染まったバスマティライスや副菜たちと混ぜ合わせていただくわけですが・・・・
もう、実にFORNICATION!FORNICATION!

これはカレーに入ってるのか?入ってないのか?カレーの最先端なのか?先っぽだけなのか?
けれど、食べれば実に心地よい。かなりのルージュマジックです。


今回用いているヤバ目のブツも見せていただきながら・・・あ、エリア51の宇宙人標本ではないですよ。


昼間っからビールもいただきながら・・・・

人類の進歩は、背徳感の先にあるのです。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

カリー フォニケーション



関連ランキング:カレーライス | 心斎橋駅長堀橋駅四ツ橋駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/4161-cccab49d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad