FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

平日ランチ限定、カレーかき揚げ丼の魅惑。「天重 本店」(半蔵門)

カレーうどんにカレー蕎麦、カツカレー、カレーパン・・・
カレーは日本のさまざまな食文化と融合し進化してきました。
ですがこの組み合わせは今でも少ない。
カレーと天ぷらの組み合わせです。

東京メトロ半蔵門駅1番出口を右手に回り込んですぐ。


「天重 本店」

創業1965年の老舗天ぷら割烹。
「てんしげ」と読みます。

こちらの注目は、平日ランチ限定のこちら。

・辛口カレーかき揚げ丼
・辛口カレー野菜丼


これがまさに必殺メニュー。
早速ご紹介しましょう。

ビジネス街だけあって、ランチ時は大賑わい。
(写真は念動力でお客を消しています)
テーブルの相席は覚悟しましょう。

卓上のメニューにカレーの文字はなし。
大丈夫、臆することなく頼みましょうね。


★辛口カレーかき揚げ丼 ミニうどん付 ¥1000

実に素晴らしいビジュアル。

サックサクに揚がったかき揚げの下に、シャバッと黒いカレーがチラリ。

柄が長く先の小さいスプーンでいただきます。

カレーと天ぷらの組み合わせがなかなか他店にないのは、天ぷらの油とカレーの相性難しいから。
その点こちらは見事としか言いようがありません。

カレー自体は油少なくサラリ。
スパイスに加え七味のような唐辛子が用いられておりなかなかスパイシーであります。
いわゆるうどん屋の粘度高いカレーとは全くの別物。

そこへスプーンで切れるほどサクサクなかき揚げ。
当然衣がポロポロッとカレーに落ちるのですが、あら不思議。
衣の油を吸おうとしているまさにその時に、カレーのバランスが完成するんですね。
かき揚げにも野菜の他、小柱まで入っていて幸せな気分。

こりゃあ堪らん。
なんと、30年前に開発されたメニューというのですから驚きです。
(もちろん改良はあったかも知れませんが)


そして、オプションのミニうどん。
単品に250円プラスですが、これは付けるべき。


かき玉たっぷり、喉越しつるっとした讃岐うどんなんです。
軽く七味を振りかければまた格別。

丼自体のボリュームはさほどではないので、無理なくいただける量。
メリハリできて良いですよ。

ちなみに昼は税込、夜は税別。
冒頭で触れた通りカレーメニューは平日ランチのみ。
近くに「天重 支店」もあるのですが、そちらでは扱っていないのでご注意を。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

天重 本店



関連ランキング:天ぷら | 半蔵門駅麹町駅永田町駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/4154-7104133d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)