FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

ほうとう・発酵そしてカレー。情報量満載の超個性派。「元祖へっころ谷」(六会日大前)

六会日大前にかなり個性的な店があると聞き、早速訪問。
って、六会日大前ってどこだ?
なんて読むんだ?

ま、ググってくださいまし。


あ、あった。
濃厚すぎるオーラのお店。


「手打ちほうとうの店 元祖へっころ谷」

この異次元っぷり。
ここ、山梨じゃないですから。


とにかく情報量が多くインパクト大のお店。
順序だてて書くと文字数大変なので、箇条書きにしましょう。


・創業は1978年
・先日閉店した地元の名店「ごんぱち」は姉妹店(先代の両親の店)
・発酵にこだわる2代目店主
・ほうとうランキング全国1位
・カレーほうとうや、へっころカレーも人気
・店主の郷里、山梨から取り寄せた古建材
・山梨県天目山麓のph9.8の天然アルカリ泉を使った手打ちほうとう
・ビーガン対応
・在来種野菜の種を配布
・店名は「山奥の辺鄙な場所」の意


テーブルにカウンターにお座敷席。
座敷はお子さん連れ優先とあって、近隣のご家族たちの憩い場になっていました。


まず、魅力的なのはお酒のセレクト。


★エチゴ生ビール
ホワイトエールヴァイツェン 小ジョッキ


エチゴの生なんて見たことない、と思ったら、この店のために特別に樽詰めしてもらっているそうです。
美味いことこの上なし。


★高野豆腐のマサラフライ 500縁

あ、ちなみに価格表記はメニュー通り。
薄く揚げられた高野豆腐はハムカツの如き風情。
いや、衣がカレー味だけに、小松島のフィッシュカツも髣髴とさせますね。
良き酒の肴です。

卓上にはこんなものも。

「麻炭入り山椒七味唐辛子」

最高じゃないすか。
マサラフライがパワーアップしちゃいます。

さて、ほうとう。
ほうとうって地味な印象もありますが、この店には趣向を凝らしたものがたくさん。
まずは一番人気というこちら。

★豆乳たんたんほうとう 1200縁

地元ブランド豚 高座豚のそぼろを用いた担担仕立て。
辛さ控えめでクリーミィなので、ほど良きポカポカ感が楽しめます。
ほうとうも、太すぎず喉越し良く、飽きることはありません。
もちろん、先ほどの山椒七味唐辛子を入れればシビレもアップですよ。

そしてやはり外せないのがカレー。
ノーマルのカレーほうとうや、自然素材を用いたへっころカレーも魅力ですが、こちらの誘惑には勝てませんでした。

★グリーンカレーほうとう 1200縁
・発酵鶏ハム トッピング +200縁


グリーンカレーうどんなら最近たまに見ますが、グリーンカレーほうとうは初めて。
早速いただいてみましょう。


ほうとうに優しく絡むグリーンカレー。
いただいてみれば確かにタイのグリーンカレーのようですが和風だしの旨みが加わっています。

最初はさほど辛さを感じませんでしたが、後からジワッとくるタイプ。
こりゃ芯から温まりますわ。

と、この店の満足はこれで終わりではありませんでした。

このお酒、衝撃です。

★だいごの泡 800縁

知る人ぞ知る千葉・寺田本家の新作どぶろく。
ショワーッとした酸味、発酵途中の炭酸ガスが喉で踊る快感。
これはちょっと只事ではありません。
ネパールのチャンよろしく、スパイスに合うことこの上なし。

但しこちらは限定醸造。
人気が出ればまた作るかもとのことです。
ぜひ、定番にして欲しい!

まだまた魅力尽きないこのお店。
呑みメインで来るのも楽しそうです。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

元祖へっころ谷



関連ランキング:ほうとう | 六会日大前駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/4144-a91b61e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad