FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

甘さと辛さの超落差。熱烈ファンを集める金沢カレーの個性派。「てきさす」(金沢市)

金沢カレーの歴史を辿る旅。

金沢カレーの老舗たちの殆どは、電車の駅から離れたところにあるんです。
古き洋食文化から生まれた金沢カレー。
家族でクルマに乗って洋食を食べに行く、なんて昭和のゼイタクが感覚値として残っているのかも知れません。

今回のお店もそう。

クルマなしでどうやって行くのか・・・なんて思っていたのですが、バスがありました。

金沢駅西口から県庁前まで。
そこからさらに徒歩10分ほど。


あ、ありました。


「てきさす」

こちら金沢カレー最初期のパイオニアのひとつ「インデアンカレー」から、初期の暖簾分けとして誕生したお店。

かつて金沢で一番勢いのあるカレーチェーンだった「インデアンカレー」ですが、一時直営店は途絶え、FC店のみに。
(現在は復活しています)
そういう意味においてもこの「てきさす」、金沢カレーの過去と現在をつなぐ存在です。


「インデアン」のトレードマークはアメリカのインディアン。
「てきさす」という名前や内装に、その血を感じますね。


店内にはマンガがたくさん。
この昭和な雰囲気、もはや立派な老舗であります。


カウンター席も多く、おひとり様も多い印象。


前身である「インデアンカレー」同様、メニューはカレーとスパゲッティの二枚看板。
「インデアン」名物「やさ玉」の他、たこ焼きカレーや、ちゃんぽんスパなどという変わり種まであります。

そして私のオーダーはこちら。


★テキサスロールカレー ¥800

店名を冠したオリジナルメニューです。

まずはセットのお吸い物に注目。

なんと甘海老入り!
さすが金沢!

そしてカレーは「キッチンユキ」に迫る黒さ。

ネットリと、はじめビックリするほど甘く、後から意外なほど辛く。
その落差は大阪「インデアンカレー」(金沢「インデアンカレー」とは別)を遥かに凌ぐほど。
野茂英雄のフォークボールほどの落差です。

この独自進化を遂げたカレー、素晴らしすぎますぞ!


そしてテキサスロールとはなんと、紫蘇と焼きタラコを巻いたロールカツ。

いやいやいや・・・ちょっとこれ、反則級の美味さです。

なんだなんだ、このカレー当たりも当たり。
食べ終わった先からまた食べたい。

金沢カレーの系譜としては傍流ながら地元に熱烈なファンを集めるこのお店、その理由に納得です。


食後にはセットのコーヒー。
満足度は半端ではありません。

ここは遠くからでも狙っていくべきお店。
金沢カレーの枠を超え、洋食カレーの名店ですよ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

てきさす



関連ランキング:カレーライス | 上諸江駅磯部駅金沢駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/4125-a072ca85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)