FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

謎多き金沢カレー「元祖」の味。「ターバンカレー本店」(金沢)

金沢カレーの歴史を巡る旅。
二軒目は金沢中心部にあるこちらのお店へ。

「ターバンカレー本店」

巷では「金沢カレーの元祖はターバン」と言われることも多いこの店ですが、現在に至るまでの紆余曲折を知る方も多いことでしょう。

1950年代、鉄道弘済会が運営母体である「レストラン ニューカナザワ」で初代チーフコックとして勤務した田中吉和氏は、その後独立し「洋食タナカ」を開業。
1963年頃までには今日「金沢カレー」と呼ばれるスタイルのカレーを提供開始、人気を呼びます。
この頃田中氏から直接・間接的に共有されたレシピによって生まれたのが「インデアンカレー」(1964)「キッチンユキ」(1966)「カレーの市民アルバ」(1971 )
これらのお店が金沢カレーの源流と呼ばれる所以です。

一方「洋食タナカ」もカレー人気を受け1965年に「カレーライスのタナカ」と改称。
さらに1971年お店の常連だった岡田隆氏の誘いで「カレーのタナカ」を改称、田中・岡田両氏共同経営としたのが「ターバンカレー」の始まりです。

この時まさに「ターバン」は本家本流「金沢カレーの元祖」といえる存在でした。

ところが1973年、田中氏と岡田氏は共同経営を解消。

田中氏は本拠を野々市に移し「タナカのターバン」として再スタート。
その後20年ほどの間、2つの「ターバン」が共存することになります。

私が金沢に住んでいたのは1988年から1992年の4年間。
たまたま「ターバン」の本店にあたる片町店と、「タナカのターバン」本店にあたる工大前店によく行っていたのですが、当時はどっちがどっちとか、あまり気にせず食べていた気がします。
(工大前店には巨大なチャレンジカレーがあった、くらいの区分け)
実際には分裂前の「ターバン」では店舗運営・調理は田中氏が行っており、分裂時にレシピ継承はなかったため、現「ターバン」のカレーはそれ以前のものとは異なっていたのですが。

さらに1996年。
「ターバン」という名が商標登録され、「タナカのターバン」は「カレーのチャンピオン」と改名。
「ターバン」の名称はこちら「ターバンカレー」のみに。

ところがこちら「ターバンカレー」、経営が苦しく2005年に解散を議決。清算会社となります。

ここで「奇しくも」前年の2004年に東京新宿で「ゴーゴーカレー」が創業。
自ら「金沢カレーの火付け役」を名乗るとともに「元祖金沢カレーはターバンカレレー」と謳いはじめます。

そして現在「ターバンカレー」と「ゴーゴーカレー」とは姉妹店関係。
かつての、片町本店から少し移った場所に移転した現本店は、創業者岡田氏の娘さんと奥さんがお店に立っています。

旧片町店と比べると幾分狭めの店内ですが立地は抜群。
他の老舗カレー店(の本店)が軒並み郊外にある中、こちらは中心街。
兼六園、金沢城址、21世紀美術館とも徒歩圏内で、観光客を招きやすい場所です。

店内にも観光系のステッカーが複数貼られており、気軽に寄れる金沢カレーとしての立ち位置を確立しているようです。

オーダーはライスの量と具材・トッピングの組み合わせ。


★Lセットカレー(小)¥780

Lなのに小?
実はLセットとはウインナー、ハンバーグ、ロースカツのトリプル乗せ。
小というのはライスの量です。

さて、いただいてみましょう。

・・・実はここでちょっと混乱してしまいました。
四半世紀ぶりに「ターバン」のカレーをいただいたのですが、記憶の中の味とだいぶ違ったんですね。

実は2004年、新宿に「ゴーゴーカレー」が登場したとき、「ターバン」がルーツというけど味は全然違うなぁ、なんて感じたのですが、今回いただいた「ターバン」は、記憶の中の「ターバン」よりもかなり「ゴーゴーカレー」寄りの味。

一体これはどういうことなのでしょう。

まず、1973年に田中氏が離脱した際に正式なレシピ継承はなされていないため、それ以降の「ターバン」のカレーは以前とは別物になっている。
むしろ、それ以前に田中氏のレシピを受け継いだ「インデアンカレー」「キッチンユキ」「アルバ」のほうが、かつての「ターバン」の味を受け継いでいるともいえる(もちろん各店進化はしていますが)。

ここまでは分かります。

わからないのはその後。

私が前回「ターバン」のカレーを食べたのは1991年か1992年頃。
まだ片町店で、解散宣言の前のことです。
その頃の味と、今の味がまた別物になっているとしたら、やはり「ゴーゴーカレー」との連携による再建が何かしらの変化をもたらした可能性が高いのではないでしょうか。
そこにもちろん、店主の代変わりという要素もありますし。

とはいえ、ここは単なる推測の域。

多くのお客さんは「ゴーゴーカレー」を食べ、そしてそのルーツであり「金沢カレーの元祖」という「ターバンカレー」を食べ、「なるほど似ているよね」と納得するのでしょう。

ちなみに現在の「ターバンカレー」、他の老舗金沢カレー店と比較すれば旨みやコクが抑えられソース感が強い味で、「ゴーゴーカレー」と比べてもこちらのほうがサッパリしていると思える味わい。

比べれば「ゴーゴーカレー」が引き立つような。

まだまだ謎多き金沢カレーの現在。
もっともっと掘り下げていきましょう。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ターバンカレー 本店



関連ランキング:カレーライス | 野町駅北鉄金沢駅金沢駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

ターバンカレーについて

ほぼ1年後のコメント失礼します。
私は、能登の田舎の高校を卒業し金沢市内に住んでいました。1981年に初めて野々市町のタナカのターバンのカレーを食べて美味さに驚き、週1回程は食べに行っていました。片町のターバンカレーも映画を見に行った時に、たまに行きましたが、メニュー、カレーの味もよく似ていたし、同じカレー屋だと思っていましたので、タナカのターバンで田中さん本人に聞いたら違う店だと言われ嫌な顔をされたのを今でも覚えています。現ターバンカレーの味については、分裂前の田中さんのカレーのレシピが片町の時まで継承されていたようですが、広坂に本店を移転した時かその前かハッキリ分かりませんが、味を変えたようです。自分はカレー好きでしたので、会社の勤務地などの関係で、ユキの宮島さん、アルバの今度兄弟、大黒屋の高田さんにお会いした事はあります。インデアンカレーはよく食べましたが、残念ながら野村さんにはお会いしていません。話が長くなりましたが、自分の青春時代には、当時の金沢カレーの店と小立野の第7ギョーザの店、今は無い焼き鳥の加賀太鼓が身体に刻まれています。

  • 2019/10/15(火) 00:23:23 |
  • URL |
  • kan #GXoS5h/U
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/4121-e5a1e8d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)