FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】※最近、丸パクリサイトが見うけられます。写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

龍ヶ崎タイ料理秘境探検 -その2- いろいろレベルが違う凄い店だワン。「ワンワーン」(竜ヶ崎)

龍ヶ崎タイ料理秘境探検。
4軒の未知なるタイ料理店が密集する謎のモール。

一軒めで訪れた「Ty」のママにこの辺の様子を聞いてみた。
これだけの密度、タイ人コミュニティが近くにあるのかと聞けば特にそんなことはなく、お客はブラジル人、ペルー人、フィリピン人が多いとのこと。

謎が深まる龍ヶ崎・・・

で、電話が繋がらない他の3店、営業状況なんかも聞いてみたら、「アロイジャン」「ラミンチェンマイ」は7時ころ開いてることが多い、「ワンワーン」は遅い時間に開く、とか。

なるほど2軒めは「アロイジャン」か「ラミンチェンマイ」か。
と思って外に出たら、何故か一番早く開いたのは「ワンワーン」。

龍ヶ崎、謎。


中の様子が全く分かりませぬが・・・
とにかく素晴らしいのがお店のロゴ。


スタイリッシュな黒犬がワンワーン!

「WANWAAN」


歌わず踊らずが難しい雰囲気の店内。

ビシッと決まったママさんが登場。
チェンマイ出身だそうです。


★マンゴージュース


グラスのシールがチャーミング。


★サイウア

タイ北部、チェンマイでよく食べられる香草ソーセージ。
ママの手作りで柔らかな噛みごたえ、抜けるような香りが魅力です。


★コームーヤーン

これにはビビった。本気でビビった。

「豚トロの炙り焼き」というシンプルな料理ながら、表面のカリッと具合とジューシーな脂のバランスは完璧。
そこに胆汁の苦味がガツンと効いたナムジュムが加われば、異様なまでの芳ばしさが口内に拡がります。

これ、史上最高のコームーヤーンかも知れん・・・


★ナムプリックオーン

こちらもチェンマイ式。
トマトのディップなのですけど、タイの乾燥納豆トゥアナウを用いてるそう。
茨城県民大喜びですな!!


★カイチョームーサップ

ママのオススメ、豚挽き肉入り玉子焼き。
実はこれ、私も好きなんですよねぇー。

メニューブックには料理の種類は決して多くはないのだけれど、
事前に連絡すればいろいろ作ってくれるとのこと。
コームーヤーンはじめ料理のレベルはめちゃ高なので、これは期待です。

そしていつしか煌めく光の中、

イサーンの田舎歌ルークトゥンを歌う我らがクンプー氏。

実はここのママ、元歌手だったそうで、ママに歌ってもらう代わりに我々も歌うこととなった次第。
ママのテレサテン、必聴です。

そして、ここから打ち解けたママのお話が凄い。

というか、この店ちょっと只者ではなかったのです。

まず息子さん。
なんと元ミスタージャパン(タイ人?)のハンサムで、タイの芸能界に友だちが多く、
代々木公園タイフェスのために来日したタイの歌手がこの「ワンワーン」に来ることもあるそう。

さらに、タイのテレビで人気の女優Kubkibさんも親戚。の
Kubkibさんの旦那さんはイケメン台湾人で、そのお子さんはタイで超有名な子役のパオパオちゃん!
なんとなんとインスタのフォロワー数586万人を越えるすさまじい人気っぷり。
それがどれだけ凄いかって、北海道の全人口(547万人)より多いんですから!
パオパオちゃんご家族も、この「ワンワーン」に来るそうです。

一体どういうことだ龍ヶ崎。

ちなみに店名の「ワンワーン」は、もともとは犬という意味ではなく(ロゴは犬だけど)、
大切な人が離れてもまた戻ってくる「絆」みたいな意味が込められているんだそう。

なるほど、だから一族皆「ワンワーン」に集まってくるのですね。

まさかの凄い店と出会ってしまいました。


龍ヶ崎タイ料理秘境探検、3軒めも面白いですよ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
関連記事

テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/4092-18358599
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad