FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】※最近、丸パクリサイトが見うけられます。写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

名古屋北インドの小さな名店。「インド料理専門店 New Delhi」(岩塚)

名古屋といえば、10年ほど前から気になっていたインド料理店がありました。

市営地下鉄東山線岩塚駅の2番出口を出て右へまっすぐ。
2軒目のファミマを越えた角を右に。
店がだんだんなくなった頃、住宅地のなかに現れる小さなお店。


「インド料理専門店 New Delhi」

あの食べログカレー界の巨星rumbaさんが名古屋時代に通った名店。
店名や料理写真からのイメージより遥かにコンパクトでアットホームな雰囲気ですね。

まずは一服。


★タンドリーチキンセット(生ビール+タンドリーチキン) ¥950

アツアツのジュウジュウで登場するタンドリーチキン。
油ハネをマトリックスのような動きでかわします。

タンドリーチキンは完全にインドの一流店のクオリティ。
「タンドリー風」とはモノが違います。

このセット、おトクですなぁ。
なんて思ってたのですが、よくよくメニューを見ればタンドリーチキン単品480円、生ビール450円でセットにするより安いという(笑)

そしてメインのカレー。

★チリチキン(辛口) ¥1200
★ナン ¥250


いわゆるインディアンチャイニーズの雰囲気漂う一品。
辛口にしたのが凄く、凄く良かった。

ベースは甘く、スイートチリの如き風合い。
そこにクラッシュしたブラックペッパーの辛さが後から追っかけてきて絶妙の甘辛に!


「はじめ甘くて後から辛い」は大阪の「インデアンカレー」のキャッチフレーズですが、こちらも負けず劣らず。

思い出したらまた食べたくなる、中毒性のあるカレーですね。

そして肉厚でしっかりした噛みごたえのナン。

日本に来るまでナンを食べたことのないシェフがテンプレで作る、ふかふかでやたらデカく、妙に胃に溜まる、あの謎の食べ物とは別物の「ちゃんとしたナン」です。

チリチキンは絶対ライスにも合うのだけれど、それだと結構中華寄りになってしまう。
このナンなら、マッチングもバッチリです。

フラッと寄ってササッといただいただけでも高い調理技術と味の個性を充分に楽しむことができました。

要予約のビリヤニやスープカレーもいつか食べてみたいな。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/4077-e6884a83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad