FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

素材と香りにこだわる名古屋スパイスカレー。「グナグナカリー」(名古屋/亀島)

名古屋にもようやく、スパイスカレーの波が浸透し始めています。
亀島「ノリタケの森」の近くにある人気スパイスカレー店にランチ訪問。



「グナグナカリー」

オープンは2014年。
グナクナはインドネシアの黒魔術。
虜にするという意味合いもあるそうです。


コンクリ打ちっぱなしの床、木製のカウンター、ミニマルながら洗練された雰囲気。
ひと昔前の名古屋では想像できなかった、洗練されたカレー屋さんですね。

そして、入店と同時に鼻腔をくすぐるスパイス香。
この時点で間違いなし。


ご夫婦で営まれている個人店ながら、本日のカレーが5種類あるのは凄い。
横には夜メニューも見えますが、BAR使いも楽しそうですね。


★2種盛り ¥1200
・レモンチキンカリー (恵那鶏/清水果樹園 無農薬レモン)
・温泉卵の朧月キーマカリー(山口県産自然卵)+¥180


迷った挙句、この組み合わせに。
盛りがもの凄く綺麗!
四角柱状に整えられたライスはまるで、ういろうの如し。
産地表示が丁寧なのも、プラスアルファの楽しみです。


まずはレモンチキンカリー。
大阪スパイスカレーのようにカスリメティが振りかけられています。


弾力ある鶏むね肉が美味しい。
無農薬レモンなので皮ごと齧っちゃいますよ。


そして温泉卵の朧月キーマカリー。
細かく滑らかなキーマに香るカルダモン、カスリメティ。


温泉卵のクオリティも特筆すべき。
卵のハリと味の濃度が凄い。

全体に穏やかな味わいながら、スパイスの香りはフレッシュ。
ミニサラダにもスパイスが用いられているなど、細部にも抜かりなし。

この日三軒目のランチながら、スルッといただけました。

せっかくなので食後のドリンクもいただきましょう。

★ミントチャイS ¥400

こちらかなりのミント香、めちゃくちゃ爽やかです。
茶葉はスリランカの茶葉、牛乳はよつ葉 放牧生産者指定ノンホモ牛乳。
こだわりが徹底していますね。

過去のレビュー写真などを見れば、今とはだいぶ違ったカレーを出していた様子。
ブラッシュアップを繰り返しているのでしょう。
きっと単純に、作り手が好きで好きでやっているお店。

そういう気持ちって、伝わりますよね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

グナグナカリー



関連ランキング:インドカレー | 亀島駅浅間町駅栄生駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/4073-84b872de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad