FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】※最近、丸パクリサイトが見うけられます。写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

スパイスと出汁、和のスパイスカレー。「スパイスカレーあかつ亭」(名古屋)

大阪から火がついた「スパイスカレー」という文化。一昨年あたりからじわじわと東京・福岡とムーブメントを拡げ、ここ名古屋でもその兆しが見えつつあります。

名古屋駅近く、太閤通り沿いにできたスパイスカレーのお店。

「スパイスカレーあかつ亭」

2017年11月15日オープン。
まだ開店一年未満ながら、今や大人気。

この日は日曜日でしたが、開店時間11時の時点で待ち客11人、11時3分の時点で満席という繁盛振りでした。

私は列の3人目。
オーダーも料理の提供も待ち順だったので、入店から10分もしないうちに料理がやってきましたが、開店時に入店した11人めの料理提供は11時25分。
早めに並ぶのが良さそうですね。

さて、今週のカレーはこちら。

もうこのラインナップだけで、季節感と出汁感をテーマに据えていることが見てとれますね。

選んだのはこちら。

★2種盛り ¥1100
・大根とサバのカレー
・スリランカ風チキンカレー
・砂肝マサラトッピング +¥200


2種盛りですが、特にカレーとカレーの間に堤防はありません。混ぜ合わせていただく想定ですね。


まず、大根とサバのカレー。
和風であることは想像つきましたが、想像以上に和風でした。
大根にサバの旨味が染み、これは最早スパイスおでんです。

そしてスリランカ風チキンカレー。
スリランカ「風」とあるように、エッセンスは取り入れつつオリジナル。
つまりスリランカでローストしたミックススパイス(ローストトゥナパハ)とモルディブフィッシュ(ハガツオ)を用いるのに倣い、ローストしたカレー粉とカツオ出汁を使ったカレーです。

大阪スパイスカレーのようにカスリメティがまぶされている一方で、生のカラピンチャ(カレーリーフ)も用いられており独自のスタンスが伺えます。


細かいパウダー状のポルサンボルもかなりのカツオ感。

トータルとしてみても、出汁感にかなりのフェチを感じますね。

一方で添えられたゴボウにはちょっとネパールテイストも感じられ、なるほどそっちもありか。


大阪スパイスカレーのカタチをしつつも極論、スパイス料理のエッセンスを用いた、ワンプレートの和食。

独特のスタイルといえましょう。

金土の夜営業はダルバートの提供、こちらも評判いいみたいですよ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

スパイスカレー あかつ亭



関連ランキング:カレーライス | 近鉄名古屋駅名鉄名古屋駅名古屋駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/4072-356c8758
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad