FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】※最近、丸パクリサイトが見うけられます。写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

名古屋インドカレーの原点。「タンドゥール」(名古屋)

名古屋駅地下ミヤコ地下街。
独特の雰囲気をもつ名古屋カレーの老舗。

「タンドゥール」

名古屋駅近辺で初めてインドカレーを提供する店として、約40年前にオープン。

ベースはおやじさんがインドで教わった家庭料理。
「現地シェフのレシピに忠実に30kgの玉ねぎを炒めることから始まる手づくりのルゥ」は、今やどこにもない、この店独特のカレーとなっています。


ちなみにタンドール窯はなし。
店名はインド現地の空気感を表現した「イメージ」なのでしょう。

カウンター向こうには、ネクタイ締めたマスターのしゃんとした立ち姿。

2日かかる仕込みをバトンタッチしながら数人のスタッフで回しているそうです。


カレーメニューはシンプル、辛さを選ぶだけ。


★インドカレーとご飯[辛口]¥800

やって来ました「あのカレーポット」で!

まず驚くのは圧倒的な量の玉ねぎ。
それ以外に固形具材はなく、野菜の旨味とスパイスで押すヘルシーなカレーです。
特にクローブとカルダモンら結構効いており、いわゆる「薬膳」感抜群。

なるほど、流行りのカレーのような華やかさやファーストアタックの派手さはないけれど、この味はずっと飽きずに食べられる味だ。何歳になっても。
辛口もビックリする辛さではないので、ビビらずオーダーしてオーケー。

そして、この店で忘れてはならないのがチャイ。

★チャイ[マサラ]とビスケット ¥450

なんと、オーダーを受けてスパイスをすり鉢で挽き、一杯ずつ牛乳で煮出すところから作るチャイ。
用いるスパイスはシナモン/カルダモン/マサラから選べます。
んでこれがまた、ズシッと存在感あるチャイ。
添えられたビスケットも、昔は手作りしていたのだとか。

年月をかけ磨かれてきた不動の定番には、流行り廃りに流されない強さがある、そう実感できるお店。

最新トレンドだけでなく、その土地で愛され続けるカレーとの出会い。
それもまた遠征の楽しみなのです。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/4067-de121c7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad