FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】※最近、丸パクリサイトが見うけられます。写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

あの新橋の名店タージマハール、奇妙な店名で復活!「ガン爺」(虎ノ門/新橋)

一見インド料理店のような店名ながら、日本ならではの独自なインドカレーを提供、根強い人気を誇った新橋の名店「タージマハール」。
2018年6月29日惜しまれながら閉店・・・

・・・と思ったら、虎ノ門側に少し行った場所に移転。
かなーりインパクトある店名にて復活を遂げました。


「ガン爺」

「ガンジー」と読みます。
「頑固おやじのカレーショップ」という意味らしいです。
2018年9月13日新装オープン。

階段脇には「タージマハール」時代の看板が。
ここで気づく人は気づくという算段です。

ビルの2階に上がるとまず待ち構えるのは券売機。

こちらの新店舗、昼は券売機を活かしたセルフサービス。

ですがディナーは2000円のセット(というかコース)設定が基本のようで、券売機の出番はなし。
カウンター席へと案内されました。

セットはカレーメインのカレーセットと、つまみ飲みメインのおつまみセットの2コース。
それぞれ内容がカスタマイズできるようになっています。

今回チョイスしたのはこちら。

★カレーセット ¥2000
・カレー(バラカリ/豆/きのこ/やさい/ムルギーからチョイス)→ムルギーを辛口で
・ライスまたはナン→ライス
・サラダ
・チキンマサラ小
・お通し
・ドリンク(アルコール/ノンアルから自由にチョイス)→ジンジャーエール



まず出てきたのはジンジャーエール。
「おわっ!」と声が出るほどの量。
ジョッキデカデカ、氷も控えめの大盤振る舞い。


続いてお通しのタイ風えびせん、サラダ、そしてチキンマサラ。
このチキンマサラが堪らなく旨い。
タンドリーチキンに見えてタンドリーチキンに非ず。
ガラムマサラたっぷりのチキンソテーといった感じで、これだけ無限におかわりして酒を飲み続けられる逸品。


そして、最後にやってきたのがカレーとライス。
ムルギー(つまり鶏肉)の辛口をチョイスしたのですが、これがインドカレーにしてインドカレーに非ず。
つまりインド料理としてのインドカレーではなく、昔から日本人がイメージしてきたインドカレーなのであります。
シャバシャバでクワァーッとした辛さは、老舗「デリー」のカシミールをも彷彿とさせますが、こちら辛さに加えカルダモンが際立つバランス。
「タージマハール」以来たくさんの人々を虜にしてきた、ここだけのカレー。
かなりの中毒性があります。

ライスは色つやも綺麗なサフランライス。
このムルギーカレーはナンではなく、絶対このライスで食べるべき。

夢中で食べて、そして飲んで、実に価値ある2000円。
なんだろうこの充足感。

「ガン爺」こと頑固おやじのシャキッとした存在感も、この満足感を演出する大事な要素です。


お店を出ると、本日売り切れの看板。
私の後お客がこなかったことを考えると、私が入店した19時20分の時点ですでにラスイチだったということか。

いちおう閉店時間は21時と設定されているのですが、売り切れに注意ですね。
それに、「タージマハール」時代からのファンたち(結構電通系が多い)がパーティー予約していることも多そうなので、
入れないこともあるとご覚悟ください。

「ガン爺」、いろいろな意味で侮れませんよ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

カレーの店 ガン爺



関連ランキング:インドカレー | 虎ノ門駅内幸町駅新橋駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/4048-52ae295e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad