FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

独創的な創作アジアン居酒屋で、衝撃の変則ダルバートと出会う。「エスニックダイニング ガルーダ」(五反田)

五反田、ガールズバーの隣にあるこちらへと潜入。

「エスニックダイニング ガルーダ」

よくあるネパール人による複合アジアン居酒屋かなぁ。
なんて思ってたら、実際ほぼその通り。


・・・・ですがここ、ちょっと普通ではなかったんです。

メニューの端々に、かなり面白いモノあれこれ。
特に、マトンメニューの豊富さときたら、もうフェティッシュの域。

あれ?ひょっとして面白い店見つけたかも。


★シンハー生ビール ¥560

なんとここ、タイのシンハーが樽で入っているんです。
五反田で他にあったっけ?
もちろん美味いですよ。


ピロミトマーボー ¥800

かなり謎な名前ですが、なんとこれマトン麻婆豆腐!?
しかも汗が噴き出す結構な辛さです。
弾力ある羊肉の旨み、そして痺れ・・・
あ、これ花椒じゃなくネパール山椒(ティムル)ですね。
なるほど羊肉に合うわけだ。

ネパール人ならではの創作麻婆豆腐。
実に面白い!!


★ラムコーク ¥530

ネパール人の居酒屋ではラムコークを頼むべし。
だってネパールのククリラムはコーラに滅茶苦茶合うんですから。

ネパール料理だって、あれこれあります。
定番のダルバートだって、ネパールカレーセットという名前であるし。

けれど、この日一番度肝を抜かれたのは、この超変則ダルバート!!

この発想はなかった!!!

★おにぎりセット ¥800

巨大なカレーおにぎり2個に、ダルスープとアチャール(ピクルス)。
確かに、ダルとバート(ご飯)でダルバート。
けれどバートはバートでも握りバートという・・・・・

このお店、工夫のポイントが個性的で面白すぎますね。


んでまたこのダルスープが優しい味でホッとするんだ。
そこにおにぎり食べてまたホッコリ。

参りました。

聞けばこの超個性的なお店、恵比寿の名店「ソルティーモード」とも縁が深い様子。
実際に経営的なつながりがあるというより、オーナー同士が仲良しで味を参考にしたりいただいたりしている様子。
こちらのオーナーは日本人で、赤羽でムエタイジムも経営しているそう。
なんと幅広い・・・・・

そんなこんなでネパール人シェフと談笑していたら、サービスの一皿が登場。


★カレラアチャール

苦酸っぱいゴーヤのアチャール。
明らかに日本人向けじゃない感じも最高。


★ゴルベラコアチャール

こちらのシェフ、やたらモモを推してたんですけど軽くスルーしてたら、「これ味見して」と。
いわゆるモモにつける用なのですが、ティムルの香りがメタクソフレッシュ。
あーこれ、モモにつけたら絶対旨いわー・・・・

ということで、思いもよらぬ儲けものだったこのお店。
他にもブータン風トゥクパ鍋(冬季限定)やら、マトン生姜焼きやら、おもしろいメニューがあれこれ。
また来るしかないですね。

あ、その時はもちろんモモもいただきましょう。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ガルーダ



関連ランキング:ダイニングバー | 大崎広小路駅五反田駅大崎駅


関連記事

テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/4014-bf4bc2e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad