FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】※最近、丸パクリサイトが見うけられます。写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

田園に佇むスリランカ料理の新店。「カイロス ケフ」(竜ケ崎)

関東でスリランカ料理といえば、茨城県。
現地仕様の、非常にレベルの高いお店が点在しているんです。

そしてまた、何やらビンビン来そうなスリランカ料理の新店が誕生したと知り、早速行ってきました。

茨城スリランカ料理店の多くが、駅から離れた場所にあるのに対し、今度は駅から徒歩10分ほどの立地。
その最寄り駅の名前は、竜ケ崎駅。

・・・って、一体どこ???

常磐線佐貫駅から伸びた、関東鉄道竜ケ崎線の終点駅なんですね。

乗り換えのため佐貫駅を降りると、まず目につく張り紙。

「当駅はマザー牧場の最寄り駅ではありません。」
「最寄り駅は内房線(千葉県)佐貫町です。」
その下でイラストの牛が「ここじゃないよー」なんて言ってるのですが、ここで気づいた時点でモー完全アウト。
けれど張り紙が必要なほど、間違える人が多いってことですよね。
ご愁傷様です・・・

駅を降り、竜ヶ崎線へ。

風情ある地方感がたまりませんが、車内に入ってビックリ。



車内がコロッケに占領されているんです!
「コロッケトレイン」と呼ばれるこの車両、強烈ですぞ。

真夏の龍ヶ崎に広がる田園風景。
(鉄道・駅は「竜ケ崎」表記ですが地名は「龍ヶ崎」)

風が運ぶ草木の匂い、数歩歩くとあちこちに跳ねるバッタやイナゴ、蛙が水に飛び込む音。

東京から一時間ちょいでこんな異世界に来ることができるなんて・・・・

いやいや、それは違う。
異世界なのは東京なんであって、本来の日本はこっちなんだと思いなおす。
成田から日本に来たスリランカ人たちなら、なおさらそう思うことでしょう。

田んぼの先に佇むお店へ、お昼前に到着。

「カイロス ケフ」

オープンは2018年6月10日。
勝手に、鄙びた田舎風の店構えを想像していたのですが、真逆でした。

文字から滴る黒ペンキのダークファンタジー感。
たまたまなのかと思ったら、そうではありませんでした。



この、ヴァンパイアたちが夜な夜な踊っていそうな雰囲気、嫌いじゃないです。

実際、こちらのお店は基本通し営業で夜中までやっているそう。
夜中はどんな感じなんだろう。


テラス席にもソファがあったりして、あれこれ気持ちよさそうです。

さて料理。
土日は昼夜問わず食べ放題ブッフェが1100円。

早めに訪問しただけあって、出来たて感がヤバいですね。

ブッフェの内容は日によって異なるものの、
この日は同行者のお願いにより、最初はなかったパリップも作ってくれるなど、ある程度の柔軟性があるようです。
実にアリガタイ。

この日のラインナップは、

★卵フライドライス


★スパイスヌードル


★バターチキン

★バターソーセージ
(単品写真失念)


★ベジタブルロティ


★パリップ


★チリペースト

加えてドリンクバーも充実しております。

盛り付けてみました。

日の光に映え、食欲そそることこの上ないですね!


結論から言えば、味付けはヤバいくらい最高。

パラッとしつつ、味しっかりの卵フライドライス、
結構辛めチューニングのスパイスヌードル。

バターチキンはかなりディープ、チキンチリっぽくもあり、けれどかなり香ばしく。
「どこがバタチキやねん」とツッコミ入れたくなりますが、かなりお気に入りです。

バターソーセージ、これもどこがバター?セモリナっぽい薄衣をまとった最高のつまみ。

ベジタブルロティはいわゆるゴダンバロティ。
しっかり厚めなロティ衣の中から、ムホッと香るスパイシーな具材。
これ、柏あたりの駅前で「スリランカカレーパン」とか言って売ったらバカ売れするんじゃないの?
これまた最高であります。


若き店長のニランタさんは日本語ペラペラで、とても親切なナイスガイ。

窓外に広がる田園風景も心地よく、おかわりしながら充分寛いでしまいました。

まだまだ知名度が少ないこのお店ですが、この味のレベルなら徐々に人気が出てくるのではないでしょうか。

お店を出て、側溝に目をやると、可愛いダルマガエルの姿。

こんな楽しさ、都心では味わえません。

龍ヶ崎、また来ることになるでしょう。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

カイロス ケフ レストラン



関連ランキング:スリランカ料理 | 竜ケ崎駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/4001-68acab22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad