FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

オスフロネームス・エクソドン

はい、昨日の写真で硬い硬いアヌビアスの葉をバリバリ齧っていた犯人は・・・

こいつ↓
FLYING ROPEFISH!-エクソドン
オスフロネームス・エクソドン
学名:Osphronemus exodon
最大長:60cm
原産地:メコン水系(ミャンマー、ラオス、タイ)


ベタやグーラミィ、アナバスやクテノポマなどが含まれるアナバンデッドの仲間でも
飛び抜けて大きなオスフロ一族。

最もポピュラーで最も大きくなるのが、
オスフロことオスフロネームス・グーラミィ Osphronemus goramy
最大100センチで、東南アジアでは食用としての養殖が盛ん。
そのため幼魚が数百円という安価で販売されています。
アルビノオスフロとかゴールデンオスフロ
ダイヤモンドオスフロとかいうのは
このグーラミィ種の改良品種です。
色素駐車で色を付けたケミカルオスフロなんてのも販売されていますが、
個人的にはちょっと・・・

次にポピュラーなのがレッドフィンオスフロ Osphronemus laticlavius
各ヒレが真っ赤に染まる美種。
こちらは最大50cmほどでしょうか。
オスフロ一族では一番温和だそうで。

そして一番マイナーなのが、
オスフロネームス・セプテンファスキアータス Osphronemus septemfasciatus
体に七本の縞が入るということですが、実際には微妙。
他のオスフロと比べると寸詰まりな体型のようです。

そして、もう一つのオスフロ、
それが今回のオスフロネームス・エクソドン
FLYING ROPEFISH!-エクソドン2
この種の最大の特徴は、
成魚になると・・・

牙が伸びます。

写真でしか見たことがないのですが、
顔つきがちょうど「デスノート」の死神・リュークそっくりになります。

さらに体中に・・・

血が滲むような赤いマダラ模様が浮き出てきます。

・・・最強です。


とはいえ、オスフロ一族4種は幼魚時にはあまり差がないので、
幼魚で購入時にはお店への信頼が重要。

うちも幼魚で購入時は少し不安でした・・・
FLYING ROPEFISH!-エクソドン幼魚
↑「ほんとにエクソドン?」

しかし、少し大きくなり、ほっぺが赤く染まってきました。
FLYING ROPEFISH!-エクソドン5
これで間違いなく・・・
FLYING ROPEFISH!-エクソドン3
エクソドンです。


なお、個体によっては成長しても赤くならないこともあるので注意。
・・・赤くなる個体でよかった。

いずれにせよ、10cmを越えるあたりから普通のオスフロと比べると
エクソドンはかなりの小顔。
慣れれば見分けはつきます。

さらにエクソドンにはトレイロミアスとトレイトロティックという
2つの亜種があるようですが、
ウチのがどちらにあたるかは不明。
トレイロミアスのほうがグレーっぽく、
トレイトロティックのほうが褐色っぽいということですが・・・
いかんせん、情報不足です。
マイナー魚飼育の宿命ですね。


牙が伸び、血が滲み、恐ろしく硬いアヌビアスの歯も噛み砕くエクソドン。
まさに怪魚中の怪魚。
でも小顔で頭も良く、なかなか飼ってて楽しい魚です。

そして何よりも・・・

エクソドン!

って名前の響きがなんとも良いじゃないですか?

FLYING ROPEFISH!-エクソドン4


人気ブログランキング参加中。
いつもクリックありがとうございます。
クリックはこちら

FLYING ROPEFISH!-ranking banner
関連記事

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

コメント

2. アロワナマンさん

いつもコメントありがとうございます。

オスフロの仲間は現地では象魚と呼ばれているそうですよ。

  • 2009/01/25(日) 23:33:21 |
  • URL |
  • ropefish #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

1. 無題

オスフロネームス・エクソドンでしたか
水草を齧ってたのはアンタ!! σ゚ロ゚)σ


なんか、タイみたいな体系してますね(・∀・)

牙が伸びるんですか( ̄□ ̄;)ギョッ


怖いですな
ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε= ヒイィィィ!!!!( ̄⊥ ̄ノ)ノ


血がにじむような赤いまだらが出るんですか!
これまた驚き∑(゚∇゚|||)はぁうっ!



でもカワイイ(笑)


僕も好きですその響き!

  • 2009/01/24(土) 09:33:31 |
  • URL |
  • アロワナマン #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/40-926aa741
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)