FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

スパイスと、ワインと、独創と。めくるめく季節を味わうディナーコース。「スパイスカフェ」(押上)

2018年振り返り。
バンゲラズキッチンのバンゲラさん、魯珈のえりつぃん、さと2という、戦闘力かなり高めの布陣で訪れたのはこちら。


「スパイスカフェ」

スカイツリーができる9年前、押上の外れに2003年オープン。
食をテーマに48ヵ国を巡った伊藤一城シェフの経験を活かしたスパイス料理で押しも押されぬ名店に。

さらに2016年からはスタイルを一新。
完全予約制、月替わりのおまかせコースで季節食材を用いたスパイス料理とワインをペアリングするお店として生まれ変わりました。
(現在は予約なしのランチも復活しています)


古い民家を改装した建物。
緑に包まれたその風情は、ここが東京であることを暫し忘れさせてくれますね。



この日は8月の訪問。
月替わりコースのお品書きがテーブルに置かれているのですが、ある趣向が凝らされているんです。

ヒントは、ワインとのペアリング。
実際にお店で楽しんでくださいね。


★生ビール(レーベンブロイ) ¥600


★季節の野菜盛り合わせ

ただの野菜じゃあありません。
一品一品が独創的なスパイス料理。


★自家製パン




★鮎


鮎の苦味にスパイスと甘いソース。
融合の振り幅が凄すぎて。


★揚げパン

ビーツの鮮やかな赤が衝撃的なプーリ。


★ポークロースト
★薄焼きパン



食べる前の印象と、食べた時のギャップ。
何料理か?と聞かれたら、三周回って和食としか言いようがありません。


そして流石ワインにこだわるだけあって、パンがどれも絶品。

と、ここでファンサービス。

ワインとえりつぃんのペアリング。


ワインとさと2のペアリング。


MENDALL、このワインが個人的にはかなり好み。


★ピクルス


★とうもろこしビリヤニ

これは斬新。
ビリヤニであってビリヤニでない、けれどビリヤニ 。
コーンと米でルララ宇宙の風に乗ります。


★タコと野菜


タコ足に加えタコのコフタできる団子を済ましグレービーに漬けた、まさにスパイスカフェ流おでん。




いやまあ、独創の限り。
独自の境地。

ワインとスパイス料理を合わせているのに、絵も云われぬ「和」を感じてしまう不思議なコースです。



★桃

デザートにだってスパイスを用いるのが「スパイスカフェ」流。


★ラベンダー

フィニッシュはフロマージュブランとラベンダーアイスのペア。
同行したバンゲラさんが「夢に出る」と評したほどの圧倒的な美味さ。


はて、気づけば夢うつつ。

東京であって東京でない、浦島太郎の如き体験なのでした。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

スパイスカフェ



関連ランキング:インド料理 | 押上駅小村井駅京成曳舟駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3993-2a0beb95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad