FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

ファッションブランドCUNEが始めたカレーBAR。「呑み処CUNEの1階(仮称)」(下北沢)

下北沢。
ファッションブランド「CUNE」のショップ一階がいつの間にか、カレーBARになってまして!


「呑み処CUNEの1階(仮称)」

カフェバーのオープンは2017年10月28日。
毎年ぶっ飛んだ商品展開をするCUNEですが、まさか飲み屋をはじめるとは!
しかもカレー!カレーですがな。

カレーBARとしての営業は18時から。
昼間はカフェ営業をしているみたいです。
http://blog.cune.jp/?eid=1682


一階フロアもSHOPだったころからある、フロア中央のでっかい木。


壁一面のイラストは、今までのCUNEのTシャツに描かれた図柄たち。



どことなくモルゲッソヨ。


カウンターには自家製酒のボトルがズラリ。
一ついただいてみましょう。


★マスカット+キンミヤ+カルダモン ソーダ割 ¥500

甘く爽やかなスパイス酒。夏に良いですね。


そして食事メニュー。
カレーは、
・ほろほろポークカレー
・青菜だらけのベジカレー
・牛スジのインドカレー
の三種。

加えてアペタイザーにはチキンピックルなんかもあって、
メニュー開発者に絶対スパイスマニアがいるに違いない。


★ほろほろポークカレー ¥900

こちらアメリカ南部のプルドポークをベースにした、ほぼ豚肉なカレー。
駒沢「ブルックリンダイナー」のプルドポークも好きなので注文してみました。


なるほど、プルドポークにスパイス絡めたら、まるで白楽「サリサリ」のカレーみたい。(あっちはチキンですが)
こりゃあなかなか良いぞ。
生半可なカフェのカレーなんかより、ずっと良い。


付け合わせはマカロニ、キャベツ、ニンジンそれぞれのスパイス和え。
この適度に力が抜けた、けれどちゃんとツボを押さえている感じもなかなかのもの。

ファッションブランドがノリで始めたカレーBARというには、料理もお酒もかなりちゃんとしてる。
ちょっとスルーしないほうが良さそうですよ。


(追伸)
三吉さんから後にいただいた情報によると、
このお店の前身は池ノ上にあったカレー居酒屋「Biff」とのこと。道理で!只者じゃないはずだ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

呑み処 CUNEの1階



関連ランキング:居酒屋 | 下北沢


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3974-e140140c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)