FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】※最近、丸パクリサイトが見うけられます。写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

腕利きシェフの多彩なタイ料理をお酒とともに。「プアン 学芸大学店」(学芸大学)

タイ料理とワインバルを融合させ人気の三軒茶屋「プアン」が、学芸大学に2号店をオープン。

「プアン 学芸大学店」

オープンは2018年2月14日、バレンタインですね。



この日はオーナーの加瀬さんお任せコース。
タイ料理バルっぽく、酒量多めで行ってみましょう!


★Puanタイボールα (センソム)¥550

まずはタイウイスキー(厳密にはウイスキーではない)センソムで作ったハイボール。
こういうの好きです。


お通しにはピークカイヤッサイ。
つまりはタイ宮廷風手羽餃子なんですが、アッツアツジューシーな手羽の中に豚ひき肉と春雨。
なかなか贅沢な味わいです。


★プアン特製サラダ

普段は頼まないサラダも、おまかせコースならいただけます。


★ソムタムコームーヤーン

豚トロ入りのソムタム。
豚脂のジューシーさに加え、辛さもええ感じ!


★Puanタイボールβ(メコン)¥550

こちらはタイウイスキー(厳密にはウイスキーではない)メコンで作ったハイボール。


★ヤムムータクライ

レモングラス香る豚挽き肉サラダをレタスで包んでいただきます。
フレッシュな辛さと酸っぱさが夏に嬉しいですね。


★SPYゴールド

タイの屋台で人気の甘いワインクーラー。
クラシック、レッド、ゴールドと取り揃え。


★ヤムクンアボカド

海老とアボカドの和え物。
サンドイッチの具材にしたい!


★タイワイン モンスーンバレー(赤・白)

やはりバルですからワインを飲まねば。
こちらタイで一番人気のモンスーンバレーをグラスにて。

さぁさぁ、この辺りからパンチが強くなってきますよ。

★ゲーンパーガイ

イサーンを代表する激辛ゲーン(タイカレー)、ゲーンパー。
野菜たっぷり、鶏肉たっぷり。
ストレートな辛さが魅力ですが旨味もたっぷり。


★ゲン・オム

酸味と辛さそして旨味が詰まった「田舎風ゲーン」。
これがなかなか。
メニューブックにはない裏メニューなので食べたい時は事前確認ですね。


★トードマンクン

辛いの2発来たあとは、定番の海老すり身揚げ。
これが意外なヒット。
アッツアツサクサクふわふわ、やはり揚げたては格別。
口内の辛さのリセット役としても良い働きです。


★プラーヌーンマナーオ

用いた魚はスズキ。まさに旬。
レモンの酸味と程よい辛さが素敵ですね。


★ソムタムトード

つまり揚げソムタム。
同じ学芸大学の「バーンメイ」でも必ずお願いする好物がこちらにも!
酸っぱ辛さとサクッとかき揚げのような食感はクセになりますよ。


★ゲーンキョーワンクンアボカド

いわゆるグリーンカレーですが、具材は海老とアボカド。
爽やかさが一味違います。


★プーニムパッポンカリー

みんな大好きプーパッポンのソフトシェルクラブバージョン。
これがまたヒット!!
濃すぎず薄すぎず、食感のメリハリもバッチリ。
このプーニムパッポンという料理、タイ料理といいつつつまりは華僑中華。
タイ人よりチャイニーズ系やネパール系のシェフが作ったほうが美味いことすらあるのですが、こちらのは自信を持ってオススメできます。


★トムカーガイ

締めにはイサーン名物(というかタイ北部やラオスで愛される)鶏肉入りココナッツスープ。
カー(タイ生姜/ガランガル)やコブミカン、レモングラスが香るその味わい、実はトムヤムクンより好きです。


★カノムモーケン
★ココナッツアイス


デザートもしっかりいただきましたよ。

お酒も料理も大満足、飲んだなぁー食ったなぁー(笑)


こちら学芸大学店のシェフ、シャットさんは「ティーヌン」各店を統べるチーフコックを務めていた大物。
加瀬さんの以前からのラブコールに応えての参戦です。

得意とするイサーン料理だけでなく、揚げ物や中華系など、今回のコースで披露してくれた縦横無尽の引き出しとセンスは流石としかいいようがありません。

グループでの飲み会から一人飲みまで便利に使えて、料理のクオリティも間違いなしの良店。

近々3号店の予定もあるようで、ますます目が離せませんね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

本格タイ料理バル プアン 学芸大学店



関連ランキング:タイ料理 | 学芸大学駅祐天寺駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3946-2bc97900
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad