FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

5/27開催!『Japanese Curry Awards vol.1 ~カレーとはナンダ?~』@大阪ロフトプラスワンウエスト

いよいよ2018年5月27日(日)、
Japanese Curry Awards初、大阪でのイベントがロフトプラスワンウエストにて開催!
20180427114227021.jpg
『Japanese Curry Awards vol.1 ~カレーとはナンダ?~』

開催日時:2018.5/27
OPEN 11:00 / START 12:00
前売り¥1,500 / 当日¥1,800(共に飲食代別)※要1オーダー¥500以上(ビュッフェは別料金です)

【出演】
JCA 発起人 : 水野仁輔(カレースター)https://twitter.com/airspice_mizuno
松宏彰(カレー細胞)http://currycell.blog.fc2.com/
三嶋達也(口癖はカレーhttp://kuseninaru-curry.com/about/

【ゲスト】(敬称略)
横田彰宏(KALUTARA)https://kalutara.jimdo.com/
オギミ〜ル☆(columbia8)http://columbia8.info/
杉野遼(ダルバート食堂)http://dalbhat-shokudo.com/


店選びに正解はありません。
カレー好きのカレー好きによるカレー好きのためのカレーガイド。
カレー偏愛家が一堂に会し、好きなカレー店のことを語り合う。Japanese Curry Awardsは、毎年そんなことを繰り返しながら、尊敬すべきカレー店を選出、表彰し続ける取り組みです。
今回は愛して止まない受賞店の店主さんからお話を聞き、
日本のカレーとは何か?そんな話を始めましょう。

KALUTARAとダルバート食堂のカレーをビュッフェスタイルで販売!

【カルータラ】
海老カレー
パリップ
デビルチキン

【ダルバート食堂】
チキンカレー
ダル
ミックスアチャール
タルカリ
ゴルベダコアチャール

ビュッフェ価格は1800円。
ライスのお代わりは有料になりますが、ビュッフェ全品お代わり自由となります!
(1巡目だけは店主が全員に全品サーブします)

さらに参加者全員に、できたばかりの「AIR SPICE」特別号(標準小売価格980円!)をプレゼント!
2d361600092f9e434bcf (1)


ご予約・詳細はこちら
↓ ↓ ↓ ↓
http://www.loft-prj.co.jp/schedule/west/88080



横田彰宏シェフ:KALUTARA(カルータラ)
kalutara.jpg
Japanese Curry Awards2015 受賞。

今や空前のスリランカ料理ブームとなった大阪。
そのはるか前からスリランカ料理一本で拘りぬいてきたパイオニア。

大阪のスパイスカレーの基本とも言える「合いがけ」スタイルを、創業当初から続けていることも重要ポイント。

レジェンド「カシミール」とはまた別の意味において、 大阪のスリランカ料理、スパイスカレーの両面における「アニキ」的存在と言えます。

横田シェフの特製カレーがイベントでいただけるこの機会は貴重ですよ。


杉野遼シェフ:ダルバート食堂
dalbhatshokudo-520x346.jpg

-ネパールの本気の味を、カレー屋として広める。-

ネパールの定食である「ダルバート」を、マニアックな異国料理店としてではなく、あたかもスパイスカレー店であるかのようにプレゼンテーション。
マニアでない人たちにも広めることに成功しつつあるお店。 出店場所がまさに大阪スパイスカレーの激熱エリア・裏谷四であることにも、その狙いがはっきり見てとれます。
しかし、実は調理方法やスパイス使いなどは本場ネパールそのものであり、ディープマニアも満足できるというのがミソ。
Japanese Curry Awards2015新人賞。

大阪カレーの進む未来を占う上で「今一番ヤバい漢」との噂も・・・

オギミ〜ル☆ シェフ:Colombia8
33402363_606562219698637_3775518781397270528_n.jpg
Japanese Curry Awards2017受賞。
言わずと知れた大阪スパイスカレーを代表し牽引する存在。

昨年、大阪スパイスカレー界初のビブグルマン受賞の快挙。
さらにS&Bとコラボしレトルトカレーを全国販売と、大阪スパイスカレーを全国に広め、関心を引き寄せることにおいて著しい功績をおさめています。

店主オギミールさんは、カシミールでカレー道に目覚めたことを公言し、敬愛の念を忘れないスタンスを貫いています。

大阪スパイスカレーを代表してのトークで果たしてどんなお話が飛び出すか・・・???

ご予約・詳細はこちら
↓ ↓ ↓ ↓
http://www.loft-prj.co.jp/schedule/west/88080



●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3906-84f49ea0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)