FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】※最近、丸パクリサイトが見うけられます。写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

愛宕にベンガル家庭料理居酒屋誕生!「トルカリ」(内幸町/虎ノ門)

愛宕に、ちょっと個性的なお店が誕生しました。


「トルカリ」

2018年4月2日オープン。
バングラデシュの田舎の、ホームスタイルの料理がいただける居酒屋です。


分厚い木材でできたコの字カウンター。
バングラデシュ人、木の内装結構好きですよね。


★生ビール ¥199

生ビールとハイボールは常に199円。
呑兵衛には嬉しいですね。

突き出しはパパド・・・

じゃなくて、揚げ出し豆腐に海苔、削り節、しらす、大根おろし。
居酒屋スピリットど真ん中!

さて、お食事メニュー。

バングラデシュ料理に加え、ピザやらカレーうどん、カレーパスタなんかもありますよ。


★フィッシュボルタ Fish Borta ¥398

ボルタ(ボッタ)は、ベンガル語で「マッシュした」というような意味。
バングラデシュではマスタードオイルをガンガンに効かせていただきます。
こちらで用いた魚はなんと鮭。
この和風な見た目(笑)
けれど味はしっかり、結構ツーンと来ますよ。


★キチュリ Khichuri ¥998
★マトンカレー Muttton Curry ¥998


キチュリは米にムング豆とスパイスを加え煮込んだご飯。
消化良く、現地では断食明けに食べたりもします。

よく「インドのお粥」と紹介される通り、水分をたっぷり含んだタイプもありますが、こちらはドライタイプ。
パキスタンのバスマティライスを用い、ムング豆だけでなく複数種の豆(マスールダルかな?)を用いています。


マトンカレーはトロみのない、シュルッとしたタイプ。
肉の臭みもなく、柔らかく煮込まれています。

この店のカレーはベースを共通にすることなく、具材それぞれによって異なる仕込み。
人工的な調味料に頼らず、素材の旨みをグレービーに引き出すことを大切にしているそう。
こちらマトンはニンニクを多めに用いることで臭みを飛ばしています。


「全然違うから、食べてみて」
と、チキンカレーも味見させていただきました。
なるほど、ちゃんと鶏の味だ。

ムスリムだけに、ハラール対応もしっかり。
けれどスパイス料理ばっかりで飽きちゃわないように、予約コースなんかではお刺身を加えたり、八海山や獺祭などのお酒を取り揃えたりと、居酒屋としての身構えもバッチリ。


ランチにはハラル弁当なんかもあって、近隣ビジネスマンにも愛されそうな、素敵な店なのでした。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

トルカリ



関連ランキング:インド料理 | 御成門駅神谷町駅虎ノ門駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3892-354f004b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad