カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】※最近、丸パクリサイトが見うけられます。写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

阿佐ヶ谷に溶け込む老舗蕎麦屋でカレー南蛮。「大古久」(阿佐ヶ谷)

阿佐ヶ谷にむかーしからある、街のお蕎麦屋さん。
「大古久」(だいこく)

2010年に改装しモダンになったとのことですが、醸し出される地域密着感は変わらず。


しかも面白いことに、店内に金魚池があるんです。


立派ならんちゅうもいたりして、ずっと見ていても飽きません。
・・・と、言いたいところですがこの池、厨房と客席の導線にあるため、ゆっくり前に陣取ることはできなさそうですね。


オーダーはカレー南蛮。
注文時「うどん、ですよね。」と確認されたのですが、カレー南蛮蕎麦もできるのかしら?


★カレー南蛮うどん ¥930

とろーり、オーセンティックなカレーうどん。
お肉は鴨ですね。


伸びの良いうどんに絡むカレー汁。
和出汁がたっぷり効いた、これぞ蕎麦屋のカレーです。

和食がユネスコ無形文化遺産に指定された今。
けれど日本の国民食カレーが和食か?といえば必ずしもそうでない(と皆思っている)。
そんな中、カレーうどんという食べ物は、最も和食化したカレー料理であるといえるのではないでしょうか。


★みつせ鶏 つくね串 ¥190

チョロっとつまめるサイドオーダー。
味付けが控えめだけに、七味をふりかけいただきました。

何気にハイレベルな蕎麦屋が増えた阿佐ヶ谷ですが、街に溶け込んだ老舗はやはり強いですね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3891-8889df8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad