FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】※最近、丸パクリサイトが見うけられます。写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

ドーサ天国、五反田に現る。「ドーサベル」(大崎広小路/五反田)

2018年上期の東京は、南インド料理の新店ラッシュ。
「バンゲラスキッチン」「ヤジニ」「エリックサウス マサラダイナー」そしてこちら。


「ドーサベル」

大崎広小路駅から徒歩0分、五反田駅からも5分程度の好立地。


看板には味のあるおじさんのイラスト。
けれどお店に入れば、このキャラが見事に実写化して迎えいれてくれるので驚きます。


店内は意外にもアッパーな雰囲気。
(アーッパムではなく)


南インドのちょっといいホテルのレストランみたいですね。
これはお酒が飲みたくなります。


★ベルハイボール ¥550

インドウイスキーで作ったハイボール。
味、濃いめで嬉しいですね。


★チキン65 ¥750

南インドで人気のスパイシーフライドチキン。
この名前で呼ばれる料理には色々なタイプがあるのですが、こちらのはいわゆる唐揚げタイプ。
嫌いな人はいないはず。
添えられたタマネギは苦みが完璧に抜けているなど、シンプルながら丁寧な一皿でした。

さて、メインディッシュ。
カレーやビリヤニなど、結構選択の幅がありますね。
けどやはりこちら、店名が「ドーサベル」。
ドーサの多彩さには目を見張るものがあります。

プレーンからラヴァドーサまで「今食べたいドーサがここにある。」ですわ。


★ペサラットゥ・ドーサ ¥1200

わぉ、こりゃあなかなかの変わり種。


米粉と緑豆を用いた生地を発酵させずに焼く、ドーサのバリエーション。
仄かに緑がかったような・・・

緑なのは生地だけではありませんでした。
挟まれていたのはたっぷりの青唐辛子、タマネギとクミン、コッタマリ(パクチー)。
意外に辛いんです。

油断してたらビックリするんじゃないかなぁ。

代わりに、といっちゃあなんですが、セットのサンバルは野菜の甘さを活かした仕上がり。
トマトチャトニは辛さ控えめ、ココナッツチャトニは塩気強めと、独自のバランスを保っています。

この感じ・・・ケララのホテルでいただいたドーサと似ている・・・と思ったら、案の定お店の方はケララ出身でした。

今回は単独訪問だったのですが、何人かで訪問すればまだまだ掘り応えがありそう。
五反田エリアにはなかったタイプの本格派だけに、今後にも期待が高まりますね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ドーサベル



関連ランキング:インドカレー | 大崎広小路駅五反田駅大崎駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3890-796e69a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad