FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

2018年を代表する話題店。銀座で愉しむマンガロール料理のめくるめく魅力。「バンゲラズキッチン」(銀座)

年が明け、2018年を振り返り。
最もホットな話題となったのは、この店の誕生ではないでしょうか。

2018年1月、銀座インズ2の2階に登場した、日本初のマンガロール料理専門店。

「バンゲラズキッチン」

オープンして1年経たないうちに、Japanese Curry Awards2018のメインアワードを獲得したのはあの「カルパシ」以来。

私としても、2017年末に開催した「カレー寺」というイベントにお客として来ていただいたバンゲラさんから「今度マンガロール料理のお店を出します」と聞き、1月のプレオープンに伺わせていただいて以来、結構行かせていただいているお気に入りのお店なんです。

(プレオープン時の記事はこちら⇒日本初!マンガロール料理専門店が銀座に誕生。「バンゲラズキッチン Bangera's Kitchen」

マンガロールは南インド・カルナータカ州の港湾都市。
海鮮をはじめとしたマンガロール独自の料理はいままで日本未紹介のものが多かったのですが、この「バンゲラズキッチン」では、その未知の美味さを存分に堪能することができます。

しかし単なる珍しさだけではありません。
築地で厳選した海鮮を用い、調理クオリティもトップクラス。
こだわったお酒と合わせていただく「銀座の良いレストラン」としてのインド料理店を提案するこの店には、「カレーなんて安い食べ物」という固定観念を覆すだけの説得力があるんです。

さぁ、めくるめくマンガロール料理の世界。
ご紹介しましょう。


★チキンウルワル(ウルワル コリ) ¥1380

まず私が頼むのはこちら。
平たく言えば鶏肉のスパイシー炒めなのですが、旨味と香りそしてなかなかの辛さで最高に覚醒できるスターターなのです。


★マンガロールバジ ¥620

もう一つお勧めのスターターがこちら。
フワッとモチッと、ポンデケージョのような食感が楽しめます。


★スズキのタンドール丸焼き ¥2730

この日入った立派なスズキを丸ごと一匹。
魚の新鮮さもさることながら、マスタードオイルが効いた味わいが新鮮です。
この時点で日本人がイメージする「カレー屋」とは全く別物であることがわかるでしょう。


★スタッフドカラマリ(ヤリイカ) ¥1396

こちらレギュラーメニューですが、ちょっとタダモノじゃないんです。
ヨーグルトを絡め焼いたイカの中には、スパイスの香りとイカの旨味が凝縮した詰め物。
騙されたと思って頼んでみてください。
イカ料理の概念が変わりますよ。


★バナメイ海老のギーロースト ¥1570

こちらもスパイスの香りと旨みの波状攻撃。
マンガロールのスパイス使いで築地の魚を調理する、それがいかに最強かがわかります。


★イェッティ ラワフライ ¥1570

同じ海老でもこちらはセモリナの細かい衣を纏った「エビフライ」。
「コチンニヴァース」にも似た料理がありますが、この食感は一度食べると忘れられませんよ。


★柳カレイのガッシ ¥1480

ガッシってなんだ?マンガロール料理って、同じ南インドでも他と呼び名が異なる料理がたくさんあるんです。
ガッシは、なんとなくグレービー系のカレーと捉えておけば間違いなさそう。


★マナガツオのガッシ ¥2310

ガッシはガッシでも色んなガッシがあります。
基本的に、その日ある魚を調理法指定でオーダーもできるので、バリエーションは無制限。
インドでは高級魚扱いのマナガツオ、ガッシでいただけば、その上品な食感とスパイスのハーモニーに驚かされます。


★ニールドーサ ¥610

ガッシとあわせるのは米でも良いですが、ここでしか味わえないこのドーサもおススメ。
ニールは水、つまり水ドーサ。
発酵させない、プルップルで色っぽい食感のドーサで、これで顔パックしたら翌朝肌にハリが出そう。


★ラムミントカレー ¥2110

「カマルプール」でも人気のメニューですが、この店特有の華やかなスパイス使いでインパクト抜群。
美味いのは海鮮だけじゃなく、全体の調理レベルが高いんです。


★バンゲラズオリジナルスパイシーカクテル ¥990

インド産のラムにジンジャー、レモン、ハチミツ、スターアニスなどのスパイスを加えたオリジナルのホットカクテル。
カウンター席でマンガロールバジを摘まみながらこの酒を楽しむ、なんてBAR使いも粋ですね。

さて、「バンゲラズキッチン」がオープンして早い段階で話題になったのは、ビリヤニのインパクトによるものが大。

★マトンビリヤニ ¥1760

見てください、この優雅な竹筒ビリヤニ。
後に登場した「トロピカルパラダイス」のように竹筒で蒸すのではなく、調理したビリヤニを竹筒に盛り付けるタイプなのですが、
とにかくそのしっとり優しい食感と、濃厚に香り立つスパイスが素晴らしすぎます。
間違いなく、レギュラーメニューとしてお店でいただけるビリヤニの最高峰であります。


★カワハギ ビリヤニ ¥2250

そして、その日の魚でビリヤニも作ってもらえるんです。
立派なカワハギを包み込むように炊かれたビリヤニを・・・・

しっかりと混ぜ込んでいただきます。

海鮮とビリヤニ、このお店の最強アイテムが組み合わさった味はまさに最強。
もう、気絶しそうなくらい美味いです。


★ガンジ ¥830

こちらはマンガロール名物の魚ふりかけがのったブラウンライスの雑炊。
ビリヤニほどの華やかさはないですが、実は私、これ大好きなんです。
どこか日本のお茶漬けのような風情があって、飲み過ぎたときなんかにも最高。
お試しあれ。

とにかくバリエーション豊か、未知の料理だらけのこのお店。
けれど少人数だといろいろ頼めないよなぁ、なんて方にはセットもあります。


★ドーサセット ¥1375

プレーンウタパムのような肉厚ドーサにサンバル、サール(マンガロールのラッサム)、サラダ、アチャール、バスマティライス。
そしてカレー2種が選べるセット。
この日のカレーはチャナマサラとアルゴビというベジ仕様で。
まぁ、どれ食べても間違いないですハイ。

食後には、デザートを。

★ココナッツパヤサ ¥570

インドのスイーツですから甘いには甘いのですが、香りがとても品がある一品。
濃厚ミルキーな味わいがクセになります。


★ラギマルト ¥610

マンガロール名物、ヒエ、ジャグリ(インドの果糖)が入ったカルダモン風味のホットミルク。
なんだろう、最初飲んだときは「マンガロールのミロ」ってな印象だったんです。
多分ヒエが入ってるからですね。

チャイのようでチャイでない、このお店ではチャイ代わりにオススメです。

全てにおいて、良い食材を用いつつもスパイス使いや味付けは華やかでメリハリあり。
IT業界に長くいるオーナーのバンゲラさんがクレバーかつ、味にうるさいのが成功の秘訣でしょう。

2018年は何度かこの店でイベントを催させていただいたりもしたのですが、2019年にもまた面白い展開がありそう。
まだまだ目が離せない注目店ですよ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

バンゲラズ キッチン



関連ランキング:インド料理 | 有楽町駅銀座一丁目駅銀座駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3882-2a6269b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)