FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

カレーとお酒と音楽と。「CURRY BAR シューベル」(西荻窪)

多種多様、個性的なカレー店ひしめく西荻窪でも、こちらの存在はちょっと特別。


「CURRY BAR シューベル」

店主のシューベルさん(日本人です)は元ギタリストで、2012年西永福の焼き鳥店のランチ間借り、さらに「喫茶すかんぽ」の夜間借りを経て、2014年に「CURRY BAR シューベル」をオープン。
音楽との親和性、間借りからの実店舗化と、大阪カレーシーンに通ずるものがありながらさらに、「カレーBAR」という東京ならではのムーブメントもしっかりキャッチしていたわけですね。

カレーとお酒と音楽の親和性については、もはや言わずもがな。
夜中までさまざまなカレーとお酒を楽しみながら音楽の話をする。
しかも店主だけでなく、働いているスタッフも音楽活動をやっている方々だったり。

人と文化がクロスする「場」として、西荻でも独特の存在感を示しているわけです。

時間帯によって変わるラインナップのカレー、そしてお酒とおつまみ、選択肢はたくさん。

初訪問客だけが頼める、おトクな「はじめてSET」もありますよ。


★ギネススタウト ¥650


★クリームチーズのポテサラ ¥380


★なすとプチトマトのひき肉カレー with とろけるチーズ ¥1000

いわゆる印度式でもなく、けれど昔ながらのカレーライスでもなく、お酒に合う、バーのカレーライス。
ナニビトも戸惑うことなく、素直にいただける味わいです。


そしてまた、盛り付けに愛情を感じるんだなぁ。

客に何をどのように伝えるか、そのためにどのようなプリセットでスタートし、なにで落ち着かせ、なにで変化をつけ、どのような余韻を残すか、音楽のようなカレーは、音楽そのものでもあるのですよねぇ。


★カルーアチャイ ¥600

カウンターに置かれているのは、店主、スタッフ、お客さんたちがそれぞれのレコメンするCDをリストアップした、この店だけの音楽ガイド本。

そしてこの日接客してくれた女性店員さんもまた、バンドをやっている方なのですが、このバンドの音がまた良かった。
ご本人に曲かけてもらったんですけどね。


Lucie,Too、いつかカレーイベントに出てほしいなぁ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

CURRY BAR シューベル



関連ランキング:カレーライス | 西荻窪駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3835-3e6cba11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad