FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】※最近、丸パクリサイトが見うけられます。写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

新大久保ネワール料理の代表店、蒲田へ。「ナングロガル 蒲田店」(蒲田)

ネワール族の本格料理を提供し、新大久保ネパール料理事情をぐん!と引き上げた立役者「ナングロガル」。
福岡の2号店に続く3号店の地に選んだのは蒲田。

「ナングロガル 蒲田店」

近年、新大久保に次ぐネパールタウンとして進化を遂げる蒲田に、真打ち登場です。


新大久保本店ほどではないにせよ、ゆったり広々とした店内。

店長さんも日本語堪能で、コミュニケーションの心配はありません。


★ライムサワー ¥390

蒲田でも充分戦えるお酒のリーズナブルさも魅力。

そして「ナングロガル」といえばマストなのはやはりこちら。

★ネワール民族のサマエバジセット ¥1200
・干飯(チウラ)
・スパイシー肉(チョイラ)
・じゃがいも(アルタルカリ)
・大豆(カロバトマス)
・スライス生姜
・ほうれん草(サデコサグ)
・ゆで卵
・漬物(アチャール)
・バラ
・パウーワ


タパリと呼ばれるネパールの葉皿に盛られた、チウラとたくさんのおかず。


味濃くお酒に合う多彩な料理で、コンパクトながらとっても満足度が高いんです。


特にチョイラが抜群の旨さ!
酸味、苦味、辛さ、完璧なバランスは東京イチかも。

本店と比べても全くひけをとらないクオリティは流石ですね。

ところでこの「ナングロガル蒲田店」、一時閉店の噂が立ちました。
理由はこちら。

なんと、ビル一階の看板に上から「肉バル&ダイニング シュラスコ」という紙が貼られているんです。
しかも上の階には新しいネパール料理店ができてるし。


真相はこう。
新大久保ではネパール人の学生、ファミリー、ビジネスマンと多彩な客層がコンスタントに訪れるのに対し、蒲田はネパール人口が増えているとはいえほとんどがファミリー利用なため客足が安定せず、打開策として予約限定のシュラスコ屋さんを同じスペースで始めたのだそう。
つまり、普通に立ち寄ればネパール料理「ナングロガル」、予約すれば「肉バル&ダイニング シュラスコ」として楽しめるというわけ。

ちょっとややこしいですが「ナングロガル蒲田店」は健在ですのでご安心を。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ


ナングロガル 蒲田店



関連ランキング:ネパール料理 | 蒲田駅蓮沼駅京急蒲田駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3827-efd636a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad