FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】※最近、丸パクリサイトが見うけられます。写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

誕生!タイ南部料理が楽しめる立ち呑みセンベロ。「バーン カオケン」(池袋)

池袋北口にあった、珍しいタイ菓子専門店「バーンカノムタイ」が閉店、というか業態変更。
なんと、タイの現地屋台式立ち呑み居酒屋になりました。


「バーンカオケン」

プロデュースは以前と同じく「ピラブカウ」。
なかなか攻めてますね。


店頭には屋台風ショーケース。全品500円。


店内ショーケースでは指差しての盛り付けオーダーも可能。


けれど立ち呑みといいつつ、カウンターチェアがあり、メニューブックもちゃんとあります。

お酒も料理も安いですねぇ~
しかも、ちょっと他ではいただけない珍品がチラホラ。
ワクワクしちゃいます。


★タイ産ワイン 赤 ¥580

ワインもしっかりタイのもの。


★豚ひき肉のタイ南部地方風カレー炒め激辛) ¥500

慎重な日本語表記ですが、つまりはタイ南部の激辛挽肉料理「クワキン(クワクリン)」。
田端「ポム」、綱島「タイタ二」でもいただけますが、ここのはさらに独特。
メニュー表記通りカレー粉っぽい味なんですよね。

辛さは上記2店と比べれば控えめ。
酒のつまみにぴったりです。


★ウメサワー ¥350

この辺は池袋センベロ価格。

次の料理もなかなかの珍品ですよ。

★ケンキーレ タガヤサンスープカレ ¥500

タガヤサンの若葉がぎっしり入った、ココナッツベースの超珍しいゲーン。

え?タガヤサンって?
ケンキーレって??

調べました。

◎ウィキペディア「タガヤサン」
唐木のひとつで、代表的な銘木である。
(中略)
東南アジアの一部の地方(特にタイとラオス)では、生または塩水に漬けた花と葉を食用にする。
タガヤサンを用いた料理の代表的なものに、ゲーン・キー・レッ(แกงขี้เหล็ก gaeng-khi-lek)という汁物がある。
ゲーン・キー・レッは、水煮した後の葉や花に、焼いてほぐしたカツオの身、あるいは、焼いた豚肉を入れ、ナムプリック・ゲーンと呼ばれるペースト状のタイ・カレーの素、ココナッツミルク、ナンプラー、砂糖などで味付けをして煮込んだものである。
具が多く、時にペーストに近いくらいの形状で、見た目には茶色のほうれん草のカレーのようである。
味は非常に辛いが、タガヤサンの苦味とココナッツミルクのまろやかさ、また、焼いたカツオの身の香ばしさがある。この汁物は便通にも効くとされ、たくさん食べると、翌朝には効果が現れるという。
タイの南部などでは、ほぼ日常食として飯屋の店頭に鍋に入って並ぶが、バンコクなどでは余り目にしない田舎料理である。

なるほど、やはり南部のゲーン。

実際、柔らかな食物繊維の量が凄く、そりゃあ便通に聞くでしょうよーってな感じ。
さらにシナモンのような芳香と、ココナッツの甘さ、苦さ、辛さ、さらに謎具材も入ってて、これはかなーり渋い一品!

ちなみにメニューには英語で「A tree of the genus Cassia the young leaves」とあるのですが、どうやらタガヤサンは英語で「Bombay black wood」もしくは「Siamese cassia」というみたいですね。


ランチはワンコインで、タイ風カレーライスなんてのもあるみたい。

完全に現地の空気感が楽しめる、面白いお店が誕生しました。
みんなで応援しましょうね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

バーンカオケン



関連ランキング:タイ料理 | 池袋駅北池袋駅


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3811-3103b4d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad