カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】※最近、丸パクリサイトが見うけられます。写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

新ネパールタウン蒲田、駅前の隠れ家。「クシバザル」(蒲田)

近頃とみにネパールタウン化が進む蒲田。
新大久保がリトルカトマンズなら、蒲田はリトルポカラと呼ぶべき勢い(AH K林さん談)。


蒲田駅西口ロータリー向かいに立つ、ニューカマタビル。
この中にも、ネパール人たちの隠れ家があるんです。


いや「ニュー」ってつくビルは大抵ニューじゃないんですけど。
駅前にしてこの場末ぶりは凄いです。


世紀末感漂うエレベーターで6階に。

で、目の前に現れるのがこの店構え。

「クシバザル」(KHUSHI BAZAAR)

いやいや、普通の日本人は怯むでしょう・・・
しかも隣はコスプレパブ。

中へ入ると、ネパールの食材ショップ。

さらにその奥に、レストラン&バースペースがあります。


今日も集ってますね~。

入り口までのヤサグレ場末感とはうって変わって、店内は平和そのもの。
窓が大きく日が差して明るい雰囲気です。

日本人はいませんけどね、日本語はオーケーです。

素敵なのは、壁一面に描かれたネパールの山村の絵。
ネパール本国のコンテストで優勝した画家の方に描いていただいたそう。

メニューは多彩。
日本人から見ればかなりマニアックな、ネパール人から見ればかなり懐かしリアルな料理がズラリ。


★マトンチョイラ ¥650

ネパールの定番おつまみ、羊肉のスパイスマリネ。
生姜ガツーン!塩ニンニクガツーン!
なのに肉質ジューシーで品があるのは料理人のセンスか。
昼間っから良い感じ!

さて、メインディッシュ。
500円のダルバート「ネパリカーナセット」から、1000円の豪華版「クシスペシャルセット」、さらに1300円の「タカリセット」までピンキリ。


★タカリセット ¥1300

一番豪華なのにしてみました。
・ダル
・ライス
・アチャル
・チキンカレー
・マトンカレー
・サグ
・アルジラ
・サラダ
・バータ
・ラッシー

という構成。

1000円のクシスペシャルとどこが違うのかといえば、バータ(GHEE)が増えてることくらいなのですけど。
あと、「ダルが違うよ」と言われたのですが、食べ比べてないので判断できず(笑)


しかしいずれにせよ、どれもこれもツボを押さえた庶民的美味さですね。
ネパール式チキンカレー(ククラコマス)、マトンカレー(カシコマス)は骨の髄の旨みもしっかり感じ、これこれって味わい。
ムラコアチャールの酸味ときたら、ご飯何杯おかわりできるんだっていう感じです。

さらに、ライスにバータをかければ、カラダあったまる、ネパール山岳食気分。


サービスでチヤ(ネパール紅茶)までいただいて、昼から満足満足。

駅前にこんな寛げる隠れ家があるなんて、蒲田のネパール人たちがちょっと羨ましいですね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

クシバザル



関連ランキング:ネパール料理 | 蒲田駅蓮沼駅京急蒲田駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3810-909beead
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad