FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

肉に拘る、三宿の間借りスパイスカレー。「三宿 肉 スパイスカレー ガネック」(池尻大橋)


大阪に端を発した、昔ながらの日本カレーでもなければインドのカレーでもない「スパイスカレー」。

最近は首都圏でも続々と個性的なお店が増えてきました。

池尻大橋駅から徒歩5分。
「酒縁処 ヤマバル」のランチ間借りとして、面白いスパイスカレー店が登場。

「三宿 肉 スパイスカレー ガネック」

オープンは2017年11月10日。
営業は水曜~土曜のランチタイムのみ。

インドで一カ月修行ののち、日本で研究の末生み出した独自のカレー。
メニューには基本のチキンカレーに加え、週替わりのスパイスカレーが登場するスタイルです。

この日はなんと、牛タンスパイスカレーの日。
あいがけも可能とのことで・・・

★2種あいがけ ¥1000
・名物チキンカレー
・牛タン スパイスカレー
・ターメリック米
・チャタニー
・カチュンバル
・パパド
・レモン
・スパイスたまご +¥100


おぉ、大阪「ボタニカリー」を思わせる皿のチョイスが良いですね。


サラッとした優しさとスパイシーさのバランスが素敵なチキンカレー。
何せ鶏肉が贅沢、素材の良さを感じさせる食感とボリューム、たまりません。


一方の「牛タンスパイスカレー」、分厚すぎる牛タンがまた贅沢極まりない。
ライスはインディカ、ターメリックの色づけは控えめで、クミンライス(ジーラライス)仕立てになっています。
さらに、皿の脇に添えられたグリーンチリチャタニー(チャトニ)で辛さアップ。
青唐辛子の爽やかさが特に鶏肉に合います。
カチュンバルサラダも味濃く、よい薬味となりますね。

カレーのベースは油控えめでサラリ、そこに辛さ、酸味などをオンしていくスタイル。
インドの家庭料理な雰囲気もありつつ、肉の美味さを堪能できるようアレンジされた独自のアプローチです。

看板に「三宿 肉 スパイスカレー」とあったのも納得ですね。
(最初は「なんか検索ワードみたいだな」なんて思ったのですが)

お店の最新情報は公式SNSにて。
「三宿 肉 スパイスカレー」で検索ですよ(笑)


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ


三宿スパイスカレー ガネック



関連ランキング:カレーライス | 池尻大橋駅三軒茶屋駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3789-2f0863de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)