FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

ホンコンチャンキーチャチャンテンの中華カレーがかなりヤバい。「香港 贊記茶餐廳」(飯田橋)

4年ぶりの豪雪に見舞われた東京。
鉄道各駅にまで入場規制がかかり大混乱の中、こちらのお店は元気に営業中!


「香港 贊記茶餐廳」

「ホンコンチャンキーチャチャンテン」と読みます。
リズムに合わせ声を出してみてください。

ホンコンチャンキーチャチャンテン、ホンコンチャンキーチャチャンテン・・・

ほら、楽しくなってきたでしょう?

「茶餐」(チャチャン)は香港式のカフェ。
実はこちら、現地スタイルの茶餐を日本に再現した貴重なお店なんです。



テーブルには香港現地そのままのカフェメニュー。
日本でほとんど出会わないものもたくさん。凄い。


さらに食事メニューもかなり豊富。
特に「港式飯」と銘打つワンプレートご飯のバリエーションにワクワクが止まりませんね。
その中にはもちろんカレーも。けれどここのカレー、只者じゃなかったんです。


★香港チキンカレーライス ¥817

見てください!
長さ12cmほどもある一枚板の巨大鶏肉。
皮ごとパリッと炙られています。

カレーはとにかく濃厚でかなりスパイシー。
結構な辛口で、赤唐辛子に加えブラックペッパーかかなり効いています。
それだけでなく、何か独特な隠し味がある感じ。
紹興酒のような、なんともいえない香りが仄かに。


巨大鶏肉は表面パリッと中ジューシーで完璧。
さらにゴロッとした具材はジャガイモではなく、なんとスイートポテト。
辛いカレーとのコントラストが面白すぎますね。

これは個人的にかなりツボ、ずっと食べていたい美味さの中華カレーですぞ!


★港式鴛鴦 ¥330

鴛鴦(ユンヨン)は香港式のコーヒーミルクティー。
茶餐の人気メニューですが、日本じゃとんとお目にかかりませんよね。
ミルクコーヒーの中に香る茶葉がクセになります。


★蛋撻 ¥220

合わせたのは好物のエッグタルト。
マカオスタイルのパイ生地とは異なり、しっとり柔らかなタルト生地の香港スタイル。
繊細な美味さですよ。

窓の外を眺めれば、積もり積もりゆく雪。
ここは日本か香港か。はたまた天国か。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

香港 贊記茶餐廳



関連ランキング:カフェ | 飯田橋駅九段下駅水道橋駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3787-1c214317
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad