FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

汐風の町、ここだけの菜食スパイス膳。「香菜軒 寓」(和田塚/鎌倉)

風情ある木造民家が並ぶ鎌倉、材木座。

心地よい(冷たい?)汐風が吹き抜ける、海辺の町です。

その住宅街に佇む、手作り感溢れるお店。

「香菜軒 寓」

東京練馬高野台で20年愛された菜食カレーの名店「香菜軒」。
多くのファンに惜しまれながら閉店したのが2014年。
2016年、ご店主の実家がある材木座にて新たなスタートを切りました。


新しいお店は席数3の極小店。
ですが毎月第1、第3土曜日の夜は近隣のゲストハウス「亀時間」に場所を移し「ヨルカメ」という名での営業。
カレーの種類は絞っているようですが、席も多いためある意味狙い目。


ということで場所を移して「亀時間」。



地元客と思しき方々に混じって、海外からの滞在客もチラホラ。
ローカル×グローバルの理想的な空気感です。

この日の「ヨルカメ」メニューはこちら。

インド料理と和食が自然に融合した、菜食料理の数々。
メニューを眺めているだけでも楽しいですね。


★自家製果実酒 梅はちみつ ¥550

ソーダで割ってなお濃厚極まりない梅の味。
底には大粒の梅が丸ごと一個で2度楽しめます。
コスパというコトバはあまり好きではないですが、お得な満足感。

この日は単独訪問。
色々食べたいですから、プレートで注文しちゃいましょう。

★本日の晩ご飯プレート ¥1000
・やさいカレー
・青菜ごまあえ
・切干大根生姜煮
・ぬか漬け
・プーリー
・キビ入り白米
・風干し野菜その他薬味

・大根のポタージュ +¥200

うわぁ、と声が出てしまいますね。
コスパというコトバはあまり好き(以下略)
素晴らしすぎます。


野菜カレーの辛さは極限まで控えめ。
でありながら、シナモン、マスタードシードなどのホールスパイスが効いていて味の輪郭はくっきり。
そう、スパイシーと辛いは違うんですよね。

ちなみに辛さ追加のため、辛味オイルが添えられています。
最初から入れず、素材の味を楽しんだあと徐々に、徐々にね。


そしておばんざいの若きおかずたち。
ちょっと只者じゃない美味さです。
干し野菜は、汐風が吹く土地柄を活かした「風干し」、
そして佃煮昆布も野菜カレーによく合います。

そして、インドの揚げパン「プーリー」がめちゃくちゃ美味い!
なんだろう、ちょっと尋常じゃない多幸感のプーリーです。


セットに追加したのは大根のポタージュ。
自然な甘みと仄かな苦味、完全に「飲む大根」とでも。

まさに、インド料理であり、和食でもある愉しさ。
いわゆるカレーライスでなないけれど、まごうことなき日本のカレーです。

ここでしか食べられない、ここだからこそ更に美味しい。
それって最高の贅沢ですよね。

次回は3席のお店に行ってみましょう。
みなさん行くときお声がけくださいね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

香菜軒 寓



関連ランキング:インドカレー | 和田塚駅鎌倉駅由比ケ浜駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3784-b4c71d4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad