FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

ルーツは新橋、鎌倉のスパイス館。「SPICE HOUSE PePe」(鎌倉)

鎌倉に、スパイス香る館あり。

「SPICE HOUSE PePe」(スパイスハウス ぺぺ)

様々なスパイス料理にカレー、パスタ、ピザ、そして担々麺や薬膳粥まで揃えたレストラン。
入店してから「ハッ!」と気付いたのですが、実はここ、新橋にあった「PePe」ではないですか!!

戦前から新橋で和食屋を営み、疎開を経て1945年、焼け野原の新橋で再スタートした「五條」。
牛めし屋などの経営を経て新橋にスパイス料理「PePe」をオープンしました。
こちら鎌倉のお店はもともと「PePe」2号店でしたが、現在は新橋をクローズしてこちらに統合、ゆったりとした雰囲気で営業を続けられているそうです。

お店のあちこちには「五條」そして「since1945」の文字。
そして店名の「PePe」は「ペッパー」の略。

店内には酒瓶とは別に、スパイス瓶がズラリと並んでいますよ。

席についてまず驚くのはメニューのデカさ。


iPhoneSEとの比較でご覧ください。


★ハンセン バダビア ¥900

香りがかなーり強いバリのアラック。
ソーダ割りで楽しみました。
なみなみと注いでいただき感謝!!


★チキンマサラ ¥1300

若鶏を16種類のスパイスで調理したこの店オリジナルの看板料理。
ビックリすることには、若鶏の胸肉、モモ肉からレバーや各種モツまであらゆる部位を用いていること。

スパイスはホールのブラックペッパーとグリーンカルダモンがガッツリした印象。
どこかパキスタン料理を思わせつつも、油っこさはなくサラリ。
まさにオリジナルです。


★スパイスケーキ ¥800

シナモンパウダーで描かれた砂絵、、生姜とグレープフルーツピールの砂糖漬け、そしてクルミやドライフルーツがぎっしり詰まったケーキ。

カフェ使いでも満足度高しです。


一階ではスパイス菓子の販売。


そしてスパイスの量り売りも。

決して今風ではないけれど、簡単には真似できない歴史の積み重なりを感じることができるお店。

オトナ同士のひとときにどうぞ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

スパイスハウス ペペ



関連ランキング:無国籍料理 | 鎌倉駅和田塚駅由比ケ浜駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3783-d70e49d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad