FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

北海道スープカレー、カレーライスへと凱旋す。「Mikazuki Curry SAMURAI.」(下北沢)

2014年、北海道から東京下北沢に進出、いまなお行列を作るスープカレーの人気店「Rojiura Curry SAMURAI.」。
同じ下北沢に2017年、「スパイスラーメン 点と線」をオープンした驚きも束の間、またまた下北沢に、今度はルーカレー(北海道でいうところの、スープカレーじゃない普通のカレー)のお店をオープン!

「Mikazuki Curry SAMURAI.」

2017年12月19日オープン。
おそらくこれは、ラーメンスープ文化と、カレーライス文化双方に育まれた北海道スープカレーを、今度はカレーラーメンとカレーライスに還元するという、「Samurai.」の野心的試み。
異文化許容度が高い下北沢の街は実験場として、うってつけですね。


カウンターに並ぶスパイス瓶。
一般的に用いられるものに加え、「SAMURAI.」ならではの花椒なども見受けられますね。


基本のカレーは3種。
辛さ、ライスの量、トッピングをカスタマイズする、北海道スープカレーのオーダー方式をとっています。


★赤ワイン仕立てのラムカリィ ¥1350
・辛口
・ライスM(200g)
・モリモリやさい +¥200
・侍.ザンギ +¥200


カレーが三日月に見える盛り付け。なるほど。
たっぷり贅沢なトッピングのほか、キャロットラペやピクルスで彩りを添えているあたり、トレンドもしっかり押さえています。


ホールスパイスの香りが効いたカレーは、いわゆる日本のカレーとスパイスカレーの中間的。
「エチオピア」よりもうちょい日本寄り。
むかし世田谷にあった「吉葉」とか、相模原「マボロシ」とかに近いカテゴリかも。

そして、立派なラム肉。
インド料理などの羊カレーと全く異なる、ガッツリ溢れる羊香はまさにジンギスカン。北海道の香り!

そして、モリモリやさいトッピングはマスト。
野菜が美味しいスープカレー「SAMURAI.」の血筋を感じることが出来ます。
嫌いな人がいない旨さのザンギも重すぎずグッドです。


★SAMURAI.オリジナルブレンドコーヒー(フレンチ)¥500

スープじゃないカレーときたら、食後のコーヒーは欠かせません。
こちらは札幌の人気コーヒーショップ「MORIHICO」の豆を使用、深いコクが堪らない逸品。
チョコが添えられている辺りもツボを押さえていますね。
(カレー×コーヒー×チョコでコンボ発動)

確かに、北海道スープカレーを経てからこそ作り出せた独特なカレー。
その新しい可能性を、しっかり堪能させていただきました。
賛否両論あれど、それもまた楽しいですよね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

Mikazuki Curry SAMURAI. 下北沢店



関連ランキング:カレーライス | 下北沢駅新代田駅東北沢駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3774-02cc4e23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)