FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

クラフトビールとGHEE系の血脈。「HATOS OUTSIDE」(下高井戸/松原)

下高井戸で、ちょっと素敵なカレーBAR発見。

「HATOS OUTSIDE」(ハトス アウトサイド)

オープンは2015年、2017年9月26日にリニューアルし現在のカタチに。
最近勢いを増すスパイス居酒屋&BARの潮流にも合った、クラフトビールとカレーが楽しめるお店です。


ソリッドでありながら、どこか手作りの温かみがある店内。


アナログ盤の調べがも心地よいですね。


タップに並ぶクラフトビールは全てポートランド発。
ちょっと面白いラインナップです。


★GIGANTIC IPA(ハーフ) ¥700

あると頼んじゃうIPA。
ピールのような苦味はありつつも、割とすっきり。


★HATOS MOSCOW ¥900

つまりはモスコミュール。
しっかり辛口で良いモスコミュールです。

ナッツなどのおつまみもありますが、料理は完全にカレーメイン。
早速行ってみましょう。


★CURRY HALF & HALF (BEEF+CHICKEN) ¥1200

一見、インドカレーのように見えますね。


なだらかなドーム状のライスがお洒落。
炊くときに何かオイルを足していると思われ、香ばしいです。


BEEFは比較的辛口。
クローブの香りに加え、ほのかにフルーティな甘さも。


CHICKENはいわゆるバターチキンカレーでありますが、粘度は低く爽やかな酸味があり美味。

一見、インドカレーのように見え、その要素はありつつも、そうではないオリジナリティ。
盛り付けこそ違えど、どこか「GHEE」(現「BRAKES」)を髣髴とさせるカレーですね。

・・・あら?
よく見りゃ、添えられた漬物にも「GHEE」系の気配が。

お会計時に、思い切って、「GHEE」系との関係があるのか聞いてみました。

そしたらなんと!
ここのマスターは学芸大学「VOVO」で働いていた方とのこと。

「VOVO」といえば元々「GHEE」から派生し新潟でオープンしたお店。
学芸大学「VOVO」はその支店ですから、こちらのお店は「GHEE」の曽孫に当たる系譜というわけです。

もちろん、異なっているのは盛り付けだけではありません。
こちらのカレーは「GHEE」とも違えば「VOVO」とも違うオリジナル。
その違い、共通点を楽しむのもまた楽しいですね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ハトス アウトサイド



関連ランキング:カフェ | 下高井戸駅松原駅明大前駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3772-9770953f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)