FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

300年前の味を再現したうどんに牛すじカレー汁、そして酒酒酒のパラダイス。「石臼挽きうどん しゅはり」(錦糸町)

江戸時代と同様に石臼挽きの小麦粉を用い、300年前の味「江戸東京うどん」を創り出すお店。


「石臼挽きうどん しゅはり」

亀戸から錦糸町北口へと移転してきました。




地下へと降りる階段から店内に至るまで、酒!酒!酒!の雰囲気。

そう、この店が素晴らしいのはただうどんをいただくのみならず、かなり気が利いた居酒屋料理とお酒をちょこちょこいただけるんですよ。

平日夜はお酒を飲むとお通し料500円。
けれど、ランチ営業のみの日曜なら、お通しなしで全ての酒や料理がいただけます。

昼酒バンザイ!



★雪の茅舎(ぼうしゃ) ¥390

熱帯魚マニア的にとボーシャいえばドジョウの仲間。
けれど関係あるわけもなくこちら秋田の純米酒。
辛くもなく、さほど甘くもなく、フワッとした飲み口。

昼酒バンザイ!


★平打ちうどんの刺身 ¥480

まるでこんにゃく刺し。
けれどもそう、これが石臼挽きの色なんです。
山葵醬油でいただけば、新しい蕎麦の世界。


★まとうだい煮付 ¥650

なんと!
ほぼマイベスト白身魚であるマトウダイが本日のオススメに、しかもこの価格で!
カレイにも似た、しかしさらにフワッとした肉質がたまりません。
絶品。



★串天ぷら
あん肝
茄子
かぼちゃ


実はこの店の名物の一つがこの串天ぷら。
お値段かなーりリーズナブルにいただけます。

サクッと薄衣の食感と素材の味、シンプルで塩でいただけ最高。

特にあん肝、海苔に巻かれたあん肝のエロいことエロいこと。
アンコウは健康体でもフォアグラに負けない最強生物ですな。


★まぜこぜワイン ¥650

”澱引き”で残ったワインを全てブレンドし、このブレンドされたワインを更に”澱引き”したワイン、だそう。
なんだかわからんが、石臼挽き小麦粉に通づるコンセプトが素敵。


★卵黄かえしづけ ¥280

「秘技・卵黄かえしづけ」なんて技っぽいですな。
ネットリした食感で、酒のアテとして珍味的に引っ張れます。
しかも安いし!

とまぁ、ほろ酔い気分で満足満腹、と言いたいところですが、おっと。
忘れちゃいけません。
300年前の味、石臼挽き「江戸東京うどん」、しかもカレーうどんがあるってんですから。


★牛すじつけカレーうどん ¥1050

こりゃぁ、見ただけでオリジナリティの塊とわかる逸品!


石臼で挽かれた粗い小麦粉を用いた蕎麦は、野性味あふれる色合い。
シッカリとした歯ごたえが男らしく、麺自体の味がとにかく濃いんです。
これはかなり好み。


そして、トロットロの牛すじがたっぷり入ったカレーつけ汁。
ベースはサラサラでありながら、牛すじのコラーゲンによるとろみが感じられ、これ単品でも成立する美味さです。

もちろん、石臼挽き蕎麦をつければもう、絶品×絶品。
絶対にここでしか食べることができない素晴らしいカレーうどんとなっています。

細部にわたったこだわりとオリジナリティが心地よく、何を頼んでも美味しいお店。
しかも東京でこの価格設定、いいの??

カレーマニアとしてはどうしてもバングラデシュ料理やタイ料理、インド料理に目が行きがちな錦糸町ですが、
ここはかなり居心地の良い「カレー処」でもありますよ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

石臼挽きうどん しゅはり



関連ランキング:うどん | 錦糸町駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3746-edc08e8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad