FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

八丁堀でインディアンチャイニーズとビリヤニ。「ナマステ東京 八丁堀店」(八丁堀)

八丁堀でおひとりさまディナー。
訪れたのはこちらのお店。

「ナマステ東京」

上北沢、吉祥寺、田端、後楽園にも「ナマステ東京」というお店があります(かつて経堂にもありました)が関係はなく、福岡「ナマステ」、中野坂上「カナピナ」、三軒茶屋「ロイヤルターリー」と同系列とのことです。

メニューはインド料理がメインで、ネパール料理、タイ料理などがちょこちょこ。
いわゆる「複合アジアン店」であります。


★ククリラム シングル ¥480

ネパールの美味しいラム。
たっぷりのハイボール仕立てでやってきました。


パパドにはミントチャトニが添えられています。
なかなか丁寧ですね。


★野菜マンチョリアン ¥1050

なんと!たった一品ですがインディアンチャイニーズがありました。
インドで育まれた独自の中華料理、こちらはベジ仕様の餡かけ団子。
旨みたっぷりでなかなか良い!
西葛西あたりでいただくのと比べお値段張るのは立地上致し方なし。

さて、メインのカレーはどうしよう?
うーむ、お、カレーよりこっちが魅力的かも。

ネパール人のインド料理店だと、カレー炒飯を「ビリヤニ」と称ししれーっと出すところも多いのですが、こちらは「ビリヤーニ」「フライドライス」「ピラフ」をしっかり分けたメニュー表記。
好感度高いですね。


★マトンビリヤーニ ¥1150

ちゃんとインディカ米使用のビリヤニ。
ネパール人の店には珍しく、ふんわりとした食感に仕上がっています。
カルダモンの香りもちゃんとして、うんうん、なかなか誠実なビリヤニだ。

インド料理店の数だけはたくさんあるこの界隈ですが、ここはちょっと他と違う面白さがありますね。
同じ名の店が多いからって、「チェーン店じゃないの?」で片づけるのはもったいないですよ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ナマステ東京 八丁堀店



関連ランキング:インドカレー | 宝町駅八丁堀駅京橋駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3708-1008a1ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad