カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

北陸にあるパキスタン。富山イミズスタンの有名店。「カシミール」(射水市)

パキスタン料理日本トップクラスのレベルを誇る、通称イミズスタンこと富山県射水市。


果てしなく広がる空。ここは日本かパキスタンか。

けれどいったい何故この地にパキスタン料理が?

それには明確な理由があるんです。
日本各地にあるパキスタンコミュニティが繋がる理由が。

80年代、バブル経済真っただ中にいた日本。労働力不足に悩む中小企業がアジア各地からの移民を受け入れていました。
(不法滞在移民含め)
この頃、自動車の部品工場などの労働者としてパキスタン人も多数来日。

ですが、バブルが崩壊した90年代になって、不法滞在への取り締まりが強化。
定職につかない多くの外国人が本国へと送還される中、在日パキスタン人たちは独自のビジネスに活路を見出します。
中古車輸出業です。
彼らの主戦場は千葉県野田市にある日本最大の中古車オークション会場「USS東京」。
今や会場内はパキスタン人トレーダーたちが席巻し、ハラール食堂もあるのだとか。

さらに2000年代になって、パキスタンその他の国で中古車の輸入規制が強化。

パキスタン人の中古車輸出業者は自動車を真っ二つに切断し「廃車」として輸出、現地で部品販売することで規制そして税金の軽減を図ります。
(真っ二つに切断するあたり、パキスタン料理の肉の捌き方を想起させますね)

かくして生まれたパキスタン人コミュニティーが、
中古車オークションの「メッカ」千葉県野田市。
その近くにあり解体業者が集まる埼玉県八潮。
自動車部品工場の街群馬県伊勢崎。

そして、野田などで入手した中古車をロシア向けに輸出する拠点となったのが富山県射水市の新湊港だったというわけです。


中古車の陸路搬送に適した国道8号線沿いには、「ヤード」と呼ばれる自動車解体工場や中古車置き場がたくさん。


見れば看板表記はほとんど英語、つまりパキスタン人の業者たちです。

そんな中あらわれる、ピンク色のプレハブ小屋。

そう、実はこここそが、イミズスタンが最初に全国区となったきっかけの「聖地」。

「カシミール」

パキスタン人の中古車業者が、その敷地内に作った、「自分たち向け」のパキスタン料理店です。

以前は塗装すらされていない掘っ建て小屋だったこのお店、前々からカレーマニアの間では評判だったのですが、
2014年にdancyuに「富山に行ったら、そこはパキスタンだった」というタイトルで特集され全国区の話題となりました。

初代シェフのムハンマド・サキライン氏は現在、同じ射水にある「ザイカ」へと移り、現在は新しい体制で営業しているこの「カシミール」ですが、その異国感は健在です。

この日は3人でのランチ訪問。
オープンの11時を狙っていきました。
レジ前にはとんでもない数のマンゴージュースがスタンバイしていましたよ。

ランチメニューなどはあるはずもなく、「チキン、豆、マトン」の選択肢の中からチョイス。
けれど前日富山市での聞き込み調査で、「お願いするとパラック出てくるから頼んだ方がいい」との情報をゲットしていたので、「チキン、豆、マトンパラック」をオーダーしてみました。


まず驚くのが前菜。
普通、どうでもいいサラダとかが出てくるところ、ここではビリヤニとサラダとタンドリーチキンとマンゴージュースが出てきます。
これがイミズスタンの底力、凄いっすね。

・・・そして、それほど待たずに登場したのがこちら。

・・・声を失うほどの迫力ですね。

パキスタン特有の丸いナンは一人につき2枚。
おかわり可能とのことですが、いやいや。


そしてこちらがメインのカレーたち。
見ただけでこってりズッシリ感が漂いますね。
いずれもいわゆるパキスタンの家庭カレーというよりも、ムガル寄りのクリーミィなスタイル。
普段北インド系のカレーを食べ慣れている人にとっても、とっつきやすい仕立てになっています。


★チキンカレー


★豆カレー


★マトンパラック

チキンカレーは旨みたっぷり、豆カレーは豆たっぷりで当然のごとく腹に溜まるのですが、ニンニク塩気強めで食がガンガン進みます。
そしてマトンパラック。
なるほど、食感が残るほどのほうれん草の香りとたっぷりの肉、食べ応え充分!!

いやいや、これは午前中からアタマおかしい食事ですね。

この日は「歩くクーポン」と呼ばれる方と同行していたため、食後もサービスたっぷり。

あったかいチャイをいただきました。

カップに書かれた文字は「セ・シ・ボン・ラヴィ」
このどうでもいい感に激しく萌えますね。


食堂の隣の建物(プレハブ)は売店。
パキスタンが必要とする日用品と食材が揃ってます。

さらにトイレにもジョウロ完備。

何から何までパキスタン現地なイミズスタンなのでした。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3695-32a49db5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad