カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

新宿に吹く、ナイジェリアの風。「エソギエ」(新宿三丁目)

なんだかんだで日本の首都東京。
アフリカ料理店の数はどこにも負けません。
モロッコ、チュニジア、エチオピア、ケニア、エジプト、ガーナ、トーゴ・・・
そしてナイジェリア料理ならやはりこちら。


「エソギエ」

実は何度も訪問しているのですが記事化は初。
ナイジェリア出身のラッキーさんのお店です。


エレベーターのない雑居ビルを三階へ。
バーカウンター10席、テーブル10席の落ち着いた雰囲気のお店。
店内にはナイジェリア音楽が流れていますよ。
照明も雰囲気あってかなり落ち着くのですが、写真撮るのにはあまり向いてませんね(笑)
(ちなみにメニューは撮影禁止です)


★オゴゴロ ¥840

日本では他で飲めない珍しいお酒もあれこれ。
オゴゴロは木の皮や根をジンに漬け込んだナイジェリアの地酒。
木の香りと仄かな甘みが爽やか、疲労回復に効くとされているそう。

アフリカ最大、一億九千人の人口を誇るナイジェリア。
そこには250以上の民族や部族がいます。
ということは食文化も多様。
こちらのお店にもシチュー系の料理を中心に豊富なメニューが揃っているんですが、厨房にはラッキーさんひとり。
仕込み大変そう!


★スヤ ¥680

網焼き羊肉と玉ねぎにミックススパイスパウダーをまぶした、ナイジェリアの定番おつまみ。
このスパイスパウダーがホロホロっとしたふりかけ状でなんとも不思議で癖になります。


★エグシシチューとエマ ¥1300

ナイジェリアに色々ある煮込み料理のひとつ「エグシシチュー」。
ナイジェリアの主食「エマ」とともにいただくセットです。


「エマ」はヤム芋から作ったお餅。
米のお餅のような粘りはなく、ベタつかず指ですくい取ることができます。
こちらをエグシシチューに漬けていただくわけですが・・・つまり必然的に手食になるんですね。

ちゃんとフィンガーボウルも用意され、必然的に手食となるわけ。
ですがかなーりアツアツなので、気を付けていただきましょうね。


こちらが「エグシシチュー」。
「エグシ」と呼ばれるウリ科植物の種のツブツブ感で、まるでキーマカレーのようです。
そこにたっぷりホロホロの鶏肉が入っています。

苦味とともに感じる、独特の深い旨みはナイジェリアのハーブ「ビターリーフ」によるもの。
これがなんともたまらんのです。
こちらではほうれん草もミックスしているそうです。

辛さもちゃんとあり、これは日本人からすればもはやカレーですな。
ナイジェリアカレーと呼んでも差し支えない。オススメです。

アフリカ一辛いのは多分、エチオピア料理ですが、西アフリカで一番辛いのはこのナイジェリア料理といわれているそう。
といっても他のメニューも激辛ってわけではないのですが、結構ピリ辛仕様のものが多く、
カレー好きにはとっても向いている料理だと思います。

店主のラッキーさんも朗らかで、リラックスした時間を過ごせますよ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
関連記事

テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3694-e537968d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad